まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

ハイローオーストラリアのスプレッドハイローは勝てる?

(2017年02月17日更新)

ハイローオーストラリア_スプレッド

ハイローオーストラリアには高い利益を狙うためのペイアウト率2倍固定の取引“HighLowスプレッド”と”Turboスプレッド”があります。

「ペイアウト率が高いんだから難しい取引なんでしょ?」

ペイアウト率2倍と言われるとそう思う方もいるかもしれませんね。しかし【スプレッドハイロー】ハイローオーストラリアで2倍稼ぐ方法とは?にもあるようにしっかりと分析すれば二つの取引で勝つことは可能です。

それではHighLowスプレッドがどのような取引なのかというところから見ていきましょう。

HighLowスプレッドってなに?

HighLowスプレッド(ハイロースプレッド)はいわゆる「レンジ外」があるハイ&ロー型の取引で、ペイアウト率2倍固定の取引のことです。

スプレッドハイローとは

簡単に説明すると判定時間となった時にレートがこのスプレッドの中にあればたとえ予想が当たっていたとしても外れとなってしまうもの。まずは下の図をご覧ください。

スプレッドハイロー(レンジ外)とは

通常の”ハイロー”や”ターボ”のようにスプレッドがないルールの時、利益を出すには“注文時のレート”よりも上がっているか下がっているかを予想していました。例えばHIGHと予想したなら、判定時間になった時に白いラインより上にあればあたりというわけですね。

しかしハイロースプレッドやターボスプレッドのようにレンジ外がある取引の場合、“注文時のレート”より上がるか下がるかを予想し、さらに”スプレッドを超えられるか”まで見極める必要があります。

つまりスプレッドなしならHIGHで予想した場合、白いラインより上にあれば当たっていたものが、スプレッドが加わると水色のラインより上になければならないということ。ハイローやターボに比べると予想を当てるのが少しだけ難しくなっているのです。

ハイロースプレッドを有効活用するには?

先ほどの解説を読むと「難しくなるならスプレッドなしの方が良いのでは?」と考える方もいるかもしれませんね。

ハイロースプレッド_ペイアウト率

しかしハイロースプレッドは予想が少し難しくなる代わりにペイアウト率が2倍に固定されているため、スプレッドなしと比べてより多くの払戻しを受けられるのでかなり魅力的!

例えば経済指標が発表されるときや大きなトレンド相場になっているときに使えば一気に利益を稼ぐことも可能なので、相場の動きをよく見ながらスプレッドの有無を決めていきましょう。

レンジ相場とは値動きが小さくジグザグと横ばいに移動する相場のこと。逆にレートが右肩上がり(下がり)のように推移するものをトレンド相場という。

上昇と下降の予想がしやすく、しかも大きく動くトレンド相場であれば”スプレッド”を超えて移動することも珍しくありません。注目されている経済指標が発表される時は短時間でも大きなトレンドが生まれやすいので攻略するのにも最適!

しかもハイローオーストラリアのハイロースプレッドのスプレッド幅はそこまで大きくないので、しっかりと分析すれば利益を出せる可能性は高くなるので分析のできるトレーダーなどは勝てそうな相場で取引をしても良いでしょう。

初心者でもできるハイロースプレッドを攻略するやり方

それではここで分析の苦手な初心者でもできるハイロースプレッドの攻略方法を紹介したいと思います。これで必ず勝てるというわけではありませんが、この方法を使えば分析ができなくても勝率を上げることはできるでしょう。

その1:一気にレートが動いたところを狙う!

ハイロースプレッド_攻略のやり方1

まず最初に紹介する攻略方法はコチラ。為替市場では画像のようにいきなり大きくレートが動くタイミングがあります。大きくレートが動いた後は下がりすぎた(上がりすぎた)レートを戻そうとするので大きく動いた方向と逆の方向へ予想すればスプレッドを超えられる可能性があるのです。

ただし経済指標が発表されたときはそのままトレンド相場に発展することがほとんどですのでそのときは大きく動いた方向に予想した方が良いでしょう。この日は特に注目するべき指標が発表されていたわけではないので上昇すると予想してみました。

攻略のやり方1結果

結果は予想通りにレートが進み、投資金額50,000円の2倍である100,000円の払戻しを獲得しました。この方法は大きくレートが下がっている時ほど有効ですので、大きくレートが下がっている銘柄を見つけたら取引してみてくださいね。

その2:長時間同じところに相場があるところを狙う!

ハイロースプレッド_攻略のやり方2

次に紹介する攻略法がコチラ。ジグザグと動いてはいるものの、基本的に高値と思われるところで推移しているレンジ相場がありますね。このようにずっと同じようなところで推移している場合、やがてどちらかの方向に進む可能性が高いです。今回は下がると予想しました。

攻略のやり方2結果

今回もラボ管理人の予想通りにレートが進み、100,000円の払戻しを獲得することができました。この方法はいつレートが動くか分からないという欠点がありますが、ハイロースプレッドは長時間の取引が可能なので大丈夫でしょう。

ハイローやターボでも利益は出せる!

ハイローオーストラリア_ハイローペイアウト率

もしハイロースプレッドで勝てないという方はスプレッドなしのハイローやターボでも利益を出すことはできます。そもそもハイローオーストラリアのハイローやターボは1.8倍~1.9倍とバイナリー業界でもかなり高いペイアウト率を設定しているのです。

その人の投資スタイルや経験によってルールを切り替えられるのも、多くの取引方法を用意しているハイローオーストラリアを使っているからこそのメリット。

基本的には以下のことを意識してトレードをするだけでも勝率は大きく変わってくるでしょう。

大きな値動きがある時は“スプレッドあり”
読みづらい相場では“スプレッドなし”

レンジ相場になっているときにスプレッドありのルールで取引をすると”レンジ外”となり、相場の動向の予想が当たっていても業者の取り分となってしまうリスクが高くなるため、スプレッドのある取引は避けた方が得策。

逆にトレンド相場のように値動きが激しいときにスプレッドありで取引することでより高い確率で2倍の配当を狙っていくことが可能となるわけです。

勝てる時間帯を知って効率的に利益を出す!

色々な時間

ハイロースプレッドで取引をするにはどの時間帯が値動きが激しいか、どの時間帯だと値動きが少なくレンジ相場になりやすいかなどを事前に調べるなどの下準備は必要ですが、そこさえ把握できれば効率よくハイローオーストラリアで利益を出していくことができます。

世界三大市場と言われている東京、ロンドン、NY市場が重なる時間帯は取引量が膨大になり、トレンドが発生しやすくなるなど動きが活発になるといわれています。

つまり午前中は緩やかな動き、夕方から深夜にかけて激しくなると覚えておけばある程度のスケジュールを立てることができますよね。

しかも経済指標が発表される日はインターネットで”経済カレンダー”と検索するだけで簡単に分かりますし、中には各指標の”注目度”もランキング付けしているところがあるので有効活用していきましょう!

この記事で紹介した業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
  • 午前中に出金申請すれば翌日には銀行口座に着金が完了!
  • 1分の短期取引で200%固定のペイアウト率を可能としたスプレッド取引を実現!
  • 豪金融当局(ASIC)の認可を受けており、賠償責任保険も完備という安心の業者!
海外業者を探している方へ!人気ダントツ1位のハイローオーストラリアの魅力とは

最新記事

この業者の関連記事

この業者の取引結果の記事

比較ラボおすすめ!バイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日