まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

6月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

ドローアウトを攻略するならローソク足の値動きに注目!

「ドローアウト」を簡単に説明すると

ドローアウトとはソニックオプションで提供されている取引方法の一つですが、ショート(短期取引)に比べて高いペイアウト率を狙えます。

基本的な取引方法は、SHORTと同じです。
取引結果がドロー(引き分け)の場合、投資金額が払い出されるSHORTに対し、DRAW-OUTは払い出されませんが、SHORTに比べてペイアウト率が高く設定されております。

・SHORT =1.73倍(60秒・90秒・120秒全て)
・DRAW-OUT=1.80倍(60秒・90秒・120秒全て)

ドローになったときに投資金額が払い戻されるかどうかという違いでペイアウト率が大きく変わってくるので、相場の値動きが大きいか小さいかなどでショートとドローアウトを使い分けることができるようになれば効率的に利益を狙っていけますね。

それではドローアウトの攻略法を見ていきましょう。

ソニックオプションの「ドローアウト」を攻略する方法

ドローアウトを攻略するには引分けにならないよう“できるだけ値動きが大きい相場を狙う”ことが大切。そこでローソク足チャートをみながら連続する陽線、または陰線が出てくるときを待ちます。

ソニックオプション取引画面

ドル円の1分足チャートで赤く囲んだ部分をみると陽線が3本続いて出現したことを確認!

ソニックオプション取引画面

すぐに取引画面で「DRAW-OUT」を選びHIGHへ5万円を投資します。

ソニックオプション取引画面

購入から30秒ほど経過したあとのローソク足チャートがこちら。陽線がさらに続き相場が勢いよく上昇していることが確認できますね。

ソニックオプション取引画面

購入時のレートよりもかなり上で終了し4万円の利益を獲得!

ソニックオプションの勝ち方を知って利益を狙おう

今回の取引からも分かるように、最短60秒で1.8倍のリターンが狙えるドローアウトを攻略するにはMT4やローソク足チャートをつかった相場分析が大切です。

トレード200が提供している「リターン200」のようにペイアウト率が2倍とかなり高いところもありますが、ソニックオプションの「ドローアウト」にはレンジ外がないのでリスクがそれほど高くありません。

レンジ外とは取引開始時のレートの上下に“レンジ幅”というものが設定され、判定時刻を迎えたときにそのレンジ幅を超えられなければ損失となる仕組みのこと。そのためHIGH/LOWという予想に加えて、レンジ幅を超えられるかどうかまで見極める必要があり難易度が上がる。

つまりソニックオプションならば投資経験の浅い人でもハイリターンを狙える可能性が高いということ。少しずつ相場分析をしながらバイナリーオプションを攻略していきましょう。

この記事で紹介した業者

ソニックオプション

ソニックオプション
  • 新取引、レンジアウトでペイアウト率202%の取引実現!
  • 分かり易いボーナスシステムを採用しているため、出金関係のトラブル皆無!
  • 入出金を素早く行う事が出来るため、出金関係の懸念が少ない!
海外業者を探している方へ!人気ダントツ1位のハイローオーストラリアの魅力とは

最新記事

この業者の関連記事

この業者の取引結果の記事

比較ラボおすすめ!バイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日