まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

ソニックオプションのドローアウトを徹底攻略しよう!

DRAW-OUT(ドローアウト)取引って何?

ソニックオプションのDRAW-OUT(ドローアウト)取引

ソニックオプションのDRAW-OUT(ドローアウト)取引とは、ドロー判定のない短期取引です。ドローの場合アウト判定となってしまうため「ドロー=負け」となってしまいますが、その分通常の短期取引よりペイアウト率が高く設定されているのが特徴です。

以下、ソニックオプションの通常の短期取引(SHORT)とドローアウト取引の概要を比較。

・SHORT =1.73倍(60秒・90秒・120秒全て) ドロー判定の場合:引分となり掛け金を返金

・DRAW-OUT=1.80倍(60秒・90秒・120秒全て) ドロー判定の場合:アウト判定

判定時間は短期取引同様、60秒、90秒、120秒の中から選んで取引することができるため、短期取引同様コンスタントに取引が行えるので利益率の高い取引方法だと言えます。ただ、攻め時を考えなければ損失に繋がるリスクが上がることも頭に入れておきましょう。

低リスク高リターンを目指すために

それではこのドローアウトを使って利益につなげるためにはどうすればいいのかを考えてみましょう。

まず絶対に避けなければならないのはドローとなってしまうパターンです。通常の短期取引では為替が動かない時間帯を狙い、ドロー判定も視野に入れた低リスクな投資方法が利用できますが、ドローがアウト判定となってしまうドローアウト取引ではそれが命取りになってしまいます。

レンジ相場

つまり、為替が盛んに動いているときこそ低リスクで投資が行えるタイミングという事。盛んに動いていればドローになる確率は下がるわけですから、為替があまり動いていないレンジ相場での取引は行わないように心掛けなければなりません。

一日の中で為替が最も活発に動く時間帯は?

ソニックオプションのドローアウトを攻略するにあたってレンジ相場には手を出してはいけないことは解説しましたが、そうすると自ずとでてくる答えは「トレンド相場を狙う必要がある」という事。問題はどのようにしてトレンド相場を狙うかですが、為替が動く時間帯がしっかり把握していれば一方向に進むトレンド相場も見つけやすく、利益に繋げ易くなると言えます。

世界の市場のタイムテーブル

それでは最も為替が動く時間帯とはいつなのでしょうか?それは、世界の中でも中心となるイギリスのロンドン市場とアメリカのニューヨーク市場が同時に開く時間(21時以降)です。この時間帯は取り引数が急増するため、それに伴い為替の動きも活発化すると言われています。

短期取引の基本はトレンド相場に沿った順張りです。この時間帯を狙ってトレンド相場を探すことで、ソニックオプションのドローアウト攻略の糸口が見つかるかもしれませんね。

この記事で紹介した業者

ソニックオプション

ソニックオプション
  • 新取引、レンジアウトでペイアウト率202%の取引実現!
  • 分かり易いボーナスシステムを採用しているため、出金関係のトラブル皆無!
  • 入出金を素早く行う事が出来るため、出金関係の懸念が少ない!
お手軽新しい株投資!One Tap BUY(ワンタップバイ)

最新記事

この業者の関連記事

この業者の取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日