まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

7月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

為替レートの公平性やトラブルについて

レートの公平性を考える

取引を行っている時、自分の見ているレートが公平な値であるのかが気になる時があると思います。同じ様な内容を問い合わせで頂いたということもありますが、複数の業者を利用しているトレーダーの中には「A社とB社を比較するとレートが違う。A社のレートなら勝っていたのに。」といった経験がある方も少なくはないでしょう。

同じ通貨ペア・同じ時間帯なのに業者毎でなのになぜこんなに差があるのか?

国内外関係なくどこの業者もそうですが、規約内をよく見てみると、

「店頭デリバティブ取引においては、お客様が注文したレート及び価格よりもお客様に不利なレート及び価格で取引が成立することがあります。」といった内容や「当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示しているレートと一致するものではなく、当社独自の判断により、他社の提示するレートと大きく乖離することがあります。」など掲載されていますね。

つまり「うちはうちだから他所がどのレートだろうと関係ないよ。」というスタイル。公平な取引を行いたいトレーダーとしてはイマイチ納得できない部分です。どこのレートを信用すればいいのかという話に直結してしまいます。

為替レートの操作は可能なのか

あくまで憶測でしかありませんがおそらく無理。ラボ管理人自体そういった現場に携わった事がありませんので確信的なことは言えませんし、仮定としてしかお話できませんが、業者側にそこまでするメリットがあるのか?という話にもなってくる。どう転んでも業者側に一定の利益が残るようにペイアウト率であれ、完売であれ設定されているわけで、それ以上は業者の信用性を失うことに繋がりかねません。

そもそも海外業者の目玉商品とも言える60セカンズに関しては、個々に取引開始時間も判定時間も違うのに操作が出来るはずもない!と思ってます。しかし、あくまで憶測に過ぎません。可能性が0というわけではありませんので使っていて「怪しい」「明らかにおかしい動きをする」などと言った業者は利用するのをやめ、評判のいい業者や利用者が多い業者に返るというのも一つの手段だと思います。

実は一長一短ではないのか

一人の投資家としては公平な取引を行いたいというのが本音。

しかし、客観的に見てみると「A社のレートなら当たっていた」と同時に「A社のレートなら外れていた」という事もある事になる。それなら他社のレートで当たっていた時だけ「貴社のレートはおかしい」と難癖つけるのは筋違いとう事になってしまう。

基本的にはどこの業者も「独自のレート」なのでこれを回避するのは難しいですが、どうしても気になるという方はNHKや日本経済新聞の電子版などで情報を得たり、複数社のレートを同時に表示させて比較するなどという方法で比較、検証すると効果的です。

海外業者を探している方へ!人気ダントツ1位のハイローオーストラリアの魅力とは

最新記事

関連記事

取引結果の記事

比較ラボおすすめ!バイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日