まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

5月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

マイナンバーの通知カードが来たあとの手続きについて

平成27年10月よりマイナンバーの「通知カード」が配布されます。ここではマイナンバーの通知カードが手元に届いたあと、私たちがするべきことを纏めています。

そもそも「マイナンバーカードと通知カードは違うのか」「マイナンバーカードの取得は強制なのか」といった疑問にもお答えしています。

マイナンバーの手続き

まだまだ国民の認知が広まっていないマイナンバー制度。しかし間もなくマイナンバーの通知は始まります。赤ちゃんからお年寄りまで国民一人ひとりに配られるため「自分には関係ない」と思っていると大変な目にあいかねません。しっかりと今後の流れをチェックしておきましょう。

通知カードとマイナンバーカードは違います

10月から配られるのは「マイナンバーカード」ではなく「通知カード」です。この2つを同じものだと考えているひともおられますが、通知カードはあくまでもマイナンバーの通知をするためのカード。

つまり通知カードとはマイナンバーや住所、氏名、生年月日などが記載された“顔写真なし”の紙製カードのこと。マイナンバーカードが手元にくるまでの仮カードと考えるとよいでしょう。

仮とはいっても通知カードはマイナンバーカードの交付時に必要なので必ず受け取ってください。また紛失しても再発行はできませんし、写真がないので通知カードだけで本人確認書類にはならない点にも注意が必要です。

通知カードはどこに送られてくるのか?

マイナンバーの通知カードは住民票に登録されている住所宛に簡易書留で送付されてきます。そのため現住所と住民票の住所が違うひとは必ず住民票を移しておかなければなりません。

マイナンバー通知カード受け取り

▼どうしても住民票の住所で受取できない場合

もしDVから逃れるためなどの理由で住民票とは異なる住所で暮らす人の場合、通知カードの送付より前に「居所情報」の登録をしておくことで、住民票とは異なる住所にも送付してもらえるので安心してください。

この場合、まず「通知カードの送付先に係る居所登録申請書」を近くの役所か総務省サイトから入手します。氏名、居所、やむを得ない理由といった情報を記入したあと、書類を住民票のある市区町村の役所に郵送や持参しましょう。このとき申請者の本人確認書類(運転免許証、顔写真付きの住民基本台帳カードなど)や、公共料金の領収書など居住していることを証明する書類が必要となります。

通知カードを受け取ったあとマイナンバーカードを申請する

平成27年10月より「通知カード」が配られ、平成28年1月より「マイナンバーカード」が発行されます。このマイナンバーカードは通知カードとは違って“自動発行”ではないため、希望する人は自分で申請し受け取りましょう。

マイナンバー通知カード

(※画像引用元:総務省HP

ちなみにマイナンバー自体は通知カードに記載されているので、マイナンバーカードを受け取らなければ自分の番号が分からないということにはなりません。後述しますがマイナンバーカードがあればメリットもあるので、よく考えて受け取るかどうか決めるとよいでしょう。

ただ通知カードにもマイナンバーは記載されているのですが身分証明書としては使えません。一方、マイナンバーカードはたしかに取得は義務ではありませんが、写真付きなので証明書として利用できます。

申請するには通知カードに同封されている「申請書」に顔写真を添付して各市町村へ郵送するか、WEB申請でも行えます。WEBから申請する場合、携帯電話の写真機能で顔写真をとり、画像データーを専用サイトから送信するだけ。

マイナンバー申請書

申請すると次に「交付通知書」が送られてくるので市町村窓口にて暗証番号の設定をし、通知カードと引き換えにマイナンバーカードを受け取ります。交付の際、手数料などはかからないとのこと。希望する人は申請しておきましょう。

マイナンバーカードを受け取りは義務(強制)なのか?

マイナンバーカードの取得は義務ではありません。通知カードでもマイナンバーは確認できるので、わざわざマイナンバーカードを手に入れる必要はないようにも感じますね。

しかしマイナンバーカードがあれば各種行政手続のオンライン申請ができるようになったり、住民票などの各種証明書を役所にいかずコンビニで発行できるようになったりと便利になるので、最初に手間はかかりますが長期的にみれば受け取っておくほうが便利です。

そもそもマイナンバー制度の最大のメリットは「行政手続きの簡素化」なので、マイナンバーカードを受け取らなければその恩恵を最大限に受けることができません。とくに働いている方は一度は経験があるかと思いますが、印鑑証明などの書類発行の際、役所の受付時間に困ることが無くなります。

ただ1月から始まるとはいっても直ぐに申請する必要はなく、マイナンバーカードの取得は義務でも強制でもありません。

個人的にはセキュリティの心配もあり、顔写真とマイナンバーが載っているカードを持つのは少し不安。通知カードにもマイナンバーや氏名などは載っていますが、身分証明書としては使えないので仮に落としたとしてももまだ危険は少ないように感じます。

しかも具体的にマイナンバーカードを取得するメリットや政府の政策など、この段階になっても不透明な部分がまだまだあるので、当面の間は通知カードだけで大丈夫だろうと考えています。マイナンバーカードの交付が始まり、その後の動きやトラブルなどをニュースで確かめてから取得するか決める予定です。

▼本当は怖いマイナンバー、預金への課税について

参照記事はコチラ:マイナンバーで預金に課税される危険があります
海外業者を探している方へ!人気ダントツ1位のハイローオーストラリアの魅力とは

最新記事

関連記事

取引結果の記事

比較ラボおすすめ!バイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日