まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

7月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

南アフリカランド暴落から読み取る今後の為替動向

2016年1月11日、南アフリカランド歴史的大暴落

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)チャート

先日1月11日、南アフリカランド/円が20分で約13%もの歴史的大暴落を見せた。

この日、ドル/円相場が2015年8月以来となる116円台まで下落する場面も見られましたが、それより大きな変動を見せた南アフリカランド/円に注目が集まったのは言うまでもありません。

そのあと数時間で急速に値を戻し、結局1月11日の南アフリカランド/円は7円付近で取引を終了していますが、そもそもなぜこの様な荒れた値動きになったのでしょうか?今回は、6.25%もの政策金利があり、高金利通貨として人気の高い南アフリカランドと、そこから読み取る今後の為替動向について解説したいと思います。

落下の原因は世界的なリスクオフ

南アフリカ

まず、南アフリカのような新興国通貨の特徴として、その国の事情も当然考慮されますが、それ以上に米国、日本、中国といった先進国の動向に左右される可能性が高い通貨という特徴を持っています。つまり、世界的なリスクオフ(円やドルを買い戻す動き)に合わせて相対的に安全資産ではない新興国通貨などは売られてしまう傾向があるのです。

今回の南アフリカランドの暴落もそれに伴うものとなり、年始いきなりの上海総合指数の大幅下落となった事が原因と考えられます。

年始の大幅下落はその後戻りつつありましたが、その後も年始に続き、サウジアラビアとイランの国交断絶、それに伴う中東情勢の悪化懸念、更には北朝鮮の核実験ニュースなど次々にリスクオフに繋がる出来事が起こった事が円高、そして南アフリカランド暴落の要因です。

南アフリカランドから読み取る今後の見通し

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)チャート2

ここ半年で大きな暴落を繰り返している南アフリカランド。FXトレーダーの中には大きな損失を抱えた投資家も出てきており、今後の見通しがきになる方も多いでしょう。

今回の暴落は2015年の8月に起きた暴落と共通している部分があり、マーケット全体で急激なリスクオフが進んでいる中で迎えた月曜日のオープン時刻だったということが挙げられます。また、2015年の12月に起った暴落は今回のものとは異なり、南アフリカの財務大臣解雇に伴うものでした。

米国の利上げがポイントとなる!

短期的に大きな要素になると予想されるのが、2015年12月に引き続き行われるであろうアメリカの利上げの可能性だと言えるでしょう。アメリカの利上げが行われた場合、ドルを保有しようとする人が増えるため、ドル建てで買われていた通貨は逆に売られる結果になることが多い傾向にあります。

なぜなら冒頭でも触れたように、南アフリカランドの魅力は6.25%という高金利の部分にあるわけですから、アメリカのような先進国と金利差が縮まれば、金利目当てで新興国通貨に投資している人のメリットが薄くなってしまうため、新興国通貨を手放してドルを買い戻す動きになるからです。

つまり、今後も引き続き行われるかもしれないアメリカの利上げは、南アフリカランドなどの新興国通貨にとってはマイナス要素となるということを念頭に置いておかなければなりません。

海外業者を探している方へ!人気ダントツ1位のハイローオーストラリアの魅力とは

最新記事

関連記事

取引結果の記事

比較ラボおすすめ!バイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日