まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

7月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

7月前半の為替予想!注目の経済指標をチェックしよう

7月前半経済指標

7月に入ると梅雨も終わり、本格的に暑くなる季節になりましたね。夏になれば海にお祭りにと様々なイベントが盛りだくさんです。

しかしお金は無限にあるわけではないですよね。様々なイベントを楽しむためにもまずは初心者でも取引しやすいといわれているバイナリーオプションで資産運用をすることをオススメします。

今回はバイナリーオプションで資産を増やすためには注目度の高い経済指標が発表されるタイミングで取引するのも一つの戦略です。今回は注目度の高い経済指標を紹介するので参考にしてください。

7月前半の経済指標を発表!

7月前半経済指標

それでは7月の前半に発表される注目すべき経済指標を紹介していきます。自分がどの通貨ペアで取引をするのかしっかりと確認して経済指標が発表された後にどのように動くのかをチェックしてください。

7/3(月)日・日銀短観(大企業全産業設備投資)

日銀短観とは日銀が発表している「全国企業短期経済観測調査」のこと。日銀短観には業況判断と先行きを表したものがあります。

業況判断とは製造業と非製造業の業況判断です。現在の企業の業績が前回と比べて良くなっているのか悪くなっているのかを表す数字で、景気が悪くなると数字に即座に影響を与えます。

先行きとは製造業と非製造業の先行きを表した数字。景気が良くなると思う企業が増えると、業況判断の数字は悪くても先行きの数字はよくなります。

発表時間8:50(JST) 予想:-
■USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

7/3(月)欧・失業率

失業率とは働く意思があるのに仕事がない人の割合を表したもの。ユーロ圏では景気が良い時で失業率は7%前後、悪い時で12%前後あります。

指標発表後の為替相場の平均変動幅はEUR/JPYで8pipsとなっています。失業率が上がればユーロ売りに繋がります。失業率が下がればユーロ買いに繋がるのですが、指標発表直後は予想値と結果の差で決まるので注意してください。

発表時間18:00(JST) 予想値:-
■EUR/USD、EUR/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

7/3(月)米・ISM製造業景況指数

ISM製造業景況指数とはアメリカの供給管理会社ISMが発表している製造業の景気動向を知るための指標です。毎月発表される指標の中でも最も早く発表され、景気転換の先行指標として注目されています。

0~100の間で数値化し、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退を示しています。発表後の為替レートの変動幅はUSD/JPYで平均10pipsなのでペイアウト率の高い取引でも勝てる可能性は高いでしょう。

発表時間23:00(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

7/4(火)豪・小売売上高

小売売上高は百貨店やスーパーやサービス業の月間売上高のこと。指標発表力後の豪ドル円の平均変動幅は16pipsとスプレッドのある取引でも十分に勝てる可能性があります。

経済指標の中でも重要度が高く、結果によってはそれなりに動く指標です。為替レートが動くかどうかは事前の予想値と結果との差で決まります。

発表時間10:30(JST) 予想値:-
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

7/4(火)豪・豪中銀(RBA)政策金利発表

政策金利とは中央銀行が銀行に融資する際の金利のこと。政策金利が利上げされると豪ドルが買われ豪ドル高になり、利下げされると豪ドルが売られ豪ドル安になります。

指標発表時のAUD/JPYの平均変動幅は27pipsです。注目度が高い重要な指標ですので変動幅も大きくなり、利上げや利下げが行われたときは一瞬で1円以上動くこともあります。

発表時間10:30(JST) 予想値:1.5%
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
金利を上げる可能性を示唆した場合→上がる
金利を下げる可能性を示唆した場合→下がる

7/6(木)米・ADP民間雇用統計

ADP民間雇用統計は民間の企業が発表している雇用統計です。雇用統計の2日前に発表される指標で、労働省が発表する雇用統計の先行指標として注目されています。

発表直後の為替相場の平均変動幅はUSD/JPYで12pipsとなっており、それなりに注目されている指標です。ADP雇用統計と雇用統計のインパクトは違うので、雇用統計を完全に予測するのは難しいですが参考にはなるでしょう。

発表時間21:15(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

7/6(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

7/6(木)米・ISM非製造業景況指数

ISM非製造業景況指数とはアメリカの供給管理協会ISMが発表している非製造業の景気動向を知るための指標です。0~100の間で数値化し、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退を示しています。

発表後の為替レートの変動幅はUSD/JPYで平均8pipsです。非製造業景況指数はサービス業購買担当者の景気判断を示す指標です。

発表時間23:00(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

7/7(金)米・雇用統計

雇用統計とはアメリカの雇用に関する指標のことで、この日に発表されるのは「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。月に一度のお祭りとして投資家から注目されています。

雇用統計発表直後の為替相場の平均変動幅はUSD/JPYで42pipsです。最も為替相場に大きな影響を与える指標ですので、平均値でかなり大きな影響を与える指標ですので、平均値でかなり大きな数字になり、一瞬で1円以上動くこともあります。

雇用統計では非農業部門者数の方が注目度が高いといわれていますが、失業率が予想から数ポイントズレると変動も大きくなるので失業率もしっかりチェックしておきましょう。

非農業部門雇用者数
発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
失業率
発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

7/12(水)英・失業率/失業保険申請件数

失業率値失業保険申請件数はイギリスの国家統計局が発表している雇用に関する重要な指標です。アメリカの雇用統計や新規失業保険申請件数と同じようにGBPで取引をする人にとっては重要と言えます。

指標発表直後のGBP/JPYの平均変動幅は35pipsです。失業率と失業保険申請件数の両方の数字が反映された結果ですので変動幅は大きくなります。予想と結果との差で決まるので注目しておきましょう。

発表時間17:30(JST) 予想値:-
■GBP/JPY、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→下がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→上がる

7/13(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

7/14(金)米・消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数(CPI)は毎月15日頃にアメリカの労働省が発表している指標です。CPIは実際に消費者が物を買う段階での指標ですので、景気動向を探る重要な指標とも言えます。

発表後の為替相場変動幅は平均で11pipsとなっており、それに影響が大きい指標です。CPIは各国でも発表されている数値で、どの通貨でも影響を受けるので覚えておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→上がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→下がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→上がる

7/14(金)米・小売売上高

小売売上高は百貨店やスーパーなどのサービス業の月間売上高のこと。毎月第2週にアメリカの商務省が発表しています。GDPや雇用統計などと連動性があり、注目度が高い指標です。

発表時の平均変動幅はUSD/JPYで14pipsほど。小売売上高の数値が良ければ景気が良いと判断され、ドル高円安になります。

ただ速報値があてにならないことに加え、季節要因もあるので直近の数値と比較して個人消費のトレンドを判断することはできません。月々の動きよりも3~4か月のスパンでトレンドを追うのが良いでしょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

経済指標を狙って取引するならバイナリーオプション!

経済指標はFXでも重要視される指標ですが、初心者が経済指標時に取引をしてもレートの動きが読めずに勝てないということもあるようです。

しかしバイナリーオプションなら短時間で取引ができるので、相場が動いている方向(トレンド)へと予想すれば勝てる可能性はあります。

バイナリーオプションは上がるか下がるかを予想する取引なので、投資初心者でも気軽に挑戦できますし、損失も投資した分だけなのでFXよりもリスク管理がしやすいというメリットもあるのです。

ここではラボ管理人がオススメする安心して利用でき、高い利益も出せる海外業者を紹介するのでまだ口座を持っていないという方はぜひ登録して取引をしてみてください。夏のイベントに向けて資産運用を行いましょう!

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション業者の中でも最大手で日本人トレーダーに人気です。その理由は平日の午前中に出金申請すれば翌日には出金が完了するという驚異の出金スピード。

またペイアウト率も高く、最大2倍固定の取引ができるので為替が大きく動く経済指標発表時などを狙えば一気に稼ぐチャンス!豪州金融当局のライセンスを所持していることもあり、安心して利用できる業者No.1です!

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
  • 午前中に出金申請すれば翌日には銀行口座に着金が完了!
  • 1分の短期取引で200%固定のペイアウト率を可能としたスプレッド取引を実現!
  • 豪金融当局(ASIC)の認可を受けており、賠償責任保険も完備という安心の業者!

オプションビット

オプションビット

オプションビットは通貨ペアだけでなく株や指標などでも取引ができる海外業者で、独自のシグナルツールであるアルゴビットや自動取引昨日のフォロートレードを使えば初心者でも利益を得られる可能性は十分にあります。

またタッチ取引では最大240%というペイアウト率で取引ができるので、為替が大きく動く経済指標時などは狙い目。CySECに認可を受け運営を行っている業者でもあるので安心して利用することが出来ます。

オプションビット

オプションビット
  • 初心者でも簡単に扱えるシグナル配信ツール「アルゴビット」を搭載!
  • 今アツい!話題のBITCOIN/USDで取引ができる!
  • CySECの認可を受けた業者で、SSLのセキュリティシステムも完備!

海外業者を探している方へ!人気ダントツ1位のハイローオーストラリアの魅力とは

最新記事

関連記事

取引結果の記事

比較ラボおすすめ!バイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日