まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

9月、10月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

6月前半為替予想は米国利上げに注目!?

6月為替予想

2017年もあっという間に6月に入りましたね。もう1年のうちの4分の1は過ぎ、そろそろ半分に差し掛かろうとしていおり、梅雨入りも間近です。2017年の梅雨入りの時期についてはまだ気象庁で公式に発表されていないようですが、沖縄では既に梅雨入りしているといわれています。

九州でも5月の後半~6月前半、四国・近畿・東海地方は6月8日前後、北陸と東海地方は6月の半ばにも梅雨入りするかもしれないといわれているようです。梅雨の時期は外に出る気分にならず家で過ごす日が多いと思いますが、そのような日こそバイナリーオプションで利益を出すチャンス。

ここでは6月前半に発表される経済指標を紹介していきたいと思います。経済指標の詳細を見ながらどう発表されれば為替がどのように動くかなどをしっかりと理解して取引すれば一気に利益を出すチャンスにもなるのでぜひ参考にしてください。

米国が6月に利上げ示唆!?

イエレン議長

5月24日FRBはFOMC議事要旨で6月に追加利上げに踏み切る可能性が高いということを示唆しました。今後利上げの可能性として考えられるのが6月と9月だといわれていますが、6月に利上げを行う可能性は高いといえるでしょう。

ただ、あくまで今後発表される経済指標が想定通りであればという話ではありますが、物価を除けば現在のアメリカの経済は良い数字を出しています。そのため6月に利上げをする可能性が高いのではないかという見方も強まっているようです。

まずは6月2日の雇用統計が明らかになるまで待たなければなりません。もし雇用統計が良い方向へと動けば利上げの可能性も高くなるため投資家の期待感も高まり米ドルが買われるでしょう。

また6月14日に発表される5月消費者物価指数にも注目しておいてください。物価指数が良ければ利上げの可能性はますます高くなります。

そうなれば「USD/JPY」では大きく上昇し、一気に利益を出すことも可能なはず。しっかりとニュースに気を配り、バイナリーオプションで取引を行ってください。

英テロの影響も続くのか?

6月為替予想

また5月22日イギリスのマンチェスターでショッキングな事件が起きましたね。アメリカの歌手であるA・グランデのコンサート会場で自爆テロが発生したのです。

非常にショッキングなニュースでしたが、経済への影響は一時的なもので特に大きな値動きはないようですが今後はテロのリスクなどを考えて観光客が減るという可能性は出てくるかもしれませんね。

ただそれよりも問題視しなければならないのが自爆テロについてISが犯行声明を出していたことです。イギリスはEUから離脱した理由の一つとして移民問題を掲げています。

今回のマンチェスターやフランスのパリで起こった爆破テロが多くなってきており、移民問題に対する嫌悪感は今まで以上に大きくなる可能性は高くなっているでしょう。

そうなると移民受け入れをしているEUから離脱したいと考える人も増え、EUの崩壊が進み始めることにもなりかねません。

マンチェスターで起こった自爆テロのような事件がヨーロッパで多く起これば今後もユーロに大きな影響を与える可能性も高くなるでしょう。

北朝鮮の動きに注意!

6月為替予想

最近毎週末のように北朝鮮がミサイルを発射したという報道が流れてきます。北朝鮮がミサイルを発射するのは28日で3週連続です。28日のミサイル発射はG7サミットで北朝鮮問題を議論した矢先でした。

これについて日本は北朝鮮に厳重に抗議を行い、米国と韓国と共に経済的・軍事的圧力を強めるとともに中国により大きな影響力を行使するように求めているとのことです。

この北朝鮮の問題が為替にどう影響するかと言うと、北朝鮮のミサイル発射により日本円が買われて円高になる可能性が高くなります。

日本円は安全資産と言われており、世界でも有事があった際に投資家に買われる通貨です。そのため北朝鮮がミサイルを発射した場合日本円が買われ、USDJPYやEURJPYなどで大きく下落する可能性があります。

また今回のように日曜日にミサイルを発射した場合為替の窓が開く可能性は高く、週明けの為替の窓を狙った取引も可能となるので週明けはぜひ取引をしてみましょう。

6月前半の経済指標を発表!

6月為替予想

それでは6月の前半に発表される注目すべき経済指標を紹介していきます。自分がどの通貨ペアで取引をするのかをしっかりと確認して経済指標が発表された後にどのように動くのかをチェックしてください。

6/1(木)豪・小売売上高

小売売上高は百貨店やスーパーなどのサービス業の月間売上高のこと。指標発表直後の豪ドル円の平均変動幅は16pipsとスプレッドのある取引でも十分に勝てる可能性があります。

経済指標の中でも重要度が高く、結果によってはそれなりに動く指標です。為替レートが動くか同課は事前の予想値と結果との差で決まります。

発表時間10:30(JST) 予想値:0.3%
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

6/1(木)米・ADP民間雇用統計

ADP民間雇用統計は民間の企業が発表している雇用統計です。雇用統計の2日前に発表される指標で、労働省が発表する雇用統計の先行指標として注目されています。

発表直後の為替相場の平均変動幅はUSD/JPYで12pipsとなっており、それなりに注目されている指標です。ADP雇用統計と雇用統計のインパクトは違うので、雇用統計を完全に予測するのは難しいですが参考にはなるでしょう。

発表時間21:15(JST) 予想値:18.0万人

6/1(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:23.9万件
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

6/1(木)米・ISM製造業景況指数

ISM製造業景況指数とはアメリカの供給管理協会ISMが発表している製造業の景気動向を知るための指標です。毎月発表される指標の中でも最も早く発表され、景気転換の先行指標として注目されています。

0~100の間で数値化し、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退を示しています。発表後の為替レートの変動幅はUSD/JPYで平均10pipsなのでペイアウト率の高い取引でも勝てる可能性は高いでしょう。

発表時間23:00 予想値:54.6
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

6/2(金)米・雇用統計

雇用統計とはアメリカの雇用に関する指標のことで、この日に発表されるのは「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。月に一度のお祭りとして投資家から注目されています。

雇用統計発表直後の為替相場の平均変動幅はUSD/JPYで42pipsです。最も為替相場に大きな影響を与える指標ですので、平均値でかなり大きな数字になり、一瞬で1円以上動くこともあります。

雇用統計では非農業部門雇用者数の方が注目度が高いとされていますが、失業率が予想から数ポイントずれると変動も大きくなるので失業率もしっかりチェックしておきましょう。

非農業部門雇用者数
発表時間21:30(JST) 予想値:18.5万人
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
失業率
発表時間21:30(JST) 予想値:4.4%
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

今回の雇用統計次第では今月に行われるFOMC政策金利発表で利上げを行うかどうかが決まるようですので、前月から良くなったのか悪くなったのかについてもチェックしておくことをオススメします。

6/5(月)米・ISM非製造業景況指数

ISM非製造業景況指数とはアメリカの供給管理協会ISMが発表している非製造業の景気動向を知るための指標です。0~100の間で数値化し、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退を示しています。

発表後の為替レートの変動幅はUSD/JPYで平均8pipsです。非製造業景況指数はサービス業購買担当者の景気判断を示す指標です。

発表時間23:00(JST) 予想値:57.0
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

6/6(火)豪・豪中銀(RBA)政策金利発表

政策金利とは中央銀行が銀行に融資する際の金利のこと。政策金利が利上げされると豪ドルが買われ豪ドル高になり、利下げされると豪ドルが売られ豪ドル安になります。

指標発表時のAUD/JPYの平均変動幅は27pipsです。注目度が高い重要な指標ですので変動幅も大きくなり、利上げや利下げが行われた時は一瞬で1円以上動くこともあります。

発表時間10:30(JST) 予想値:1.5%
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
金利を上げる可能性を示唆した場合→上がる
金利を下げる可能性を示唆した場合→下がる

6/8(木)欧・欧州中央銀行(ECB)政策金利

政策金利とは中央銀行が銀行にお金を貸し出す時の金利のことでユーロ圏の政策金利はECBが決定しています。政策金利の発表はどこの国でも行っていますが、金利は為替に与える影響が大きいため注目の指標です。

基本的には金利が下がればその久野に通貨が買われ、下がれば売られます。指標発表直後の為替レートの平均変動幅はEUR/JPYで16pipsですが、特に重要な発表がなければ全く反応しないこともあるので注意してください。

発表時間20:45(JST) 予想値:-
■EUR/USD、EUR/JPYで取引をする場合
金利を下げる可能性を示唆した場合→上がる
金利を下げる可能性を示唆した場合→下がる

6/8(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:23.9万件
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

6/14(水)英・失業率/失業保険申請件数

失業率t失業保険申請件数はイギリスの国家統計局が発表している雇用に関する重要な指標です。アメリカの雇用統計や新規失業保険申請件数と同じようにGBPで取引をする人にとっては重要と言えます。

指標発表直後のGBP/JPYの平均変動幅は35pipsdです。失業率と失業保険申請件数の両方の数字が反映された結果ですので変動幅は大きくなります。予想と結果との差で決まるので注目しておきましょう。

発表時間17:30(JST) 予想値:-
■GBP/JPY、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→下がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→上がる

6/14(水)米・消費者物価指数

消費者物価指数(CPI)は毎月15日頃にアメリカの労働省が発表している指標です。CPIは実際に消費者が物を買う段階での指標ですので、景気動向を探る重要な指標とも言えます。

発表後の為替相場変動は平均で11pipsとなっており、それなりに影響が大きい指標です。CPIは各国でも発表されている数値で、どの通貨でも影響を受けるので覚えておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

物価指数の結果が良ければこの後に発表されるFOMC政策金利発表で利上げをする可能性が高くなるので結果の数値が良い場合はしっかりとアメリカの景気動向に注目しておきましょう。

6/14(水)米・小売売上高

小売売上高は百貨店やスーパーなどのサービス業の月間売上高のこと。毎月第2週にアメリカの商務省が発表しています。GDPや雇用統計などと連動性があり、注目度が高い指標です。

発表時の平均変動幅はUSD/JPYで14pipsほど。小売売上高の数値が良ければ景気が良いと判断され、ドル高円安になります。

ただ速報値があてにならないことに加え、季節要因もあるので直近の数値と比較して個人消費のトレンドを判断することはできません。月々の動きよりも3~4か月のスパンでトレンドを追うのが良いでしょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

6/15(木)米・FOMC政策金利発表

FOMC政策金利発表は連邦公開市場委員会が発表する政策金利のことで年8回6週間ごとに発表されており、政策金利の利上げ、利下げは為替相場に影響を与えるため雇用統計と共にトレーダーが注目すべき指標の一つ。

FOMC政策金利発表後の為替レートの平均変動幅はUSD/JPYで19pipsとなっています。それほど大きな変動ではないように感じるかもしれませんが発言の一つ一つが注目されるので場合によっては1円以上動くこともあるので注意してください。

発表時間3:00(JST) 予想値:1.00%~1.25%
■USD/JPYで取引をする場合
金利を上げる可能性を示唆した場合→上がる
金利を下げる可能性を示唆した場合→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
金利を上げる可能性を示唆した場合→下がる
金利を下げる可能性を示唆した場合→上がる

6/15(木)豪・新規雇用者数/失業率

アメリカの雇用統計と同じようにAUDを大きく動かすのが新規雇用者数と失業率です。雇用統計が為替レートに大きな影響を与える理由は雇用が個人消費に直結するためと言われています。

指標発表直後のAUD/JPYの平均変動幅は34pipsと激しく動く時もあります。予想と結果の乖離が激しい時は相場が大きく動く可能性もあるので注意してください。

新規雇用者数
発表時間10:30(JST) 予想値:-
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→上がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→下がる
失業率
発表時間10:30(JST) 予想値:-
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→下がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→上がる

6/15(木)英・BOE政策金利発表

政策金利とは中央銀行が一般の銀行にお金を貸すときの利子のことで、イギリスの政策金利はBOE(イングランド中央銀行)が毎月上旬に発表しています。

指標発表直後のGBP/JPYの平均変動幅は28pipsと大きく動きます。金利の変更が行われていないとは言え、平均でここまで大きく動いているということはバイナリーオプションでも利益を出すチャンスです。

発表時間20:00(JST) 予想値:-
■GBP/USD、GBP/JPYで取引をする場合
景気が良いという発言があった→上がる
景気が悪いという発言があった→下がる

6/15(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:23.9万件
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

6/16(金)日・日銀金融政策決定会合

金融政策決定会合とは日本銀行の政策委員会が金融政策について話し合う会合のことで、公定歩合や基準割引率、金融市場調節の方針、経済・金融の情勢などについて話し合います。

会議は非公開ですがすぐに記者会見が行われ、内容が公表されます。なお、必ずではありませんが政策金利発表の時間が早い時は現状維持、遅い時はサプライズがあるといわれているので注目しておきましょう。

発表時間:未定 予想値:-
13時半を回ると期待感が大きくなりますが、現状維持の可能性もあるので指標発表直後に取引をするようにしましょう。

経済指標を狙って取引するならバイナリーオプション!

経済指標はFXデモ重要視される指標ですが、初心者が経済指標時に取引をしてもレートの動きが読めずに勝てないということもあるようです。

しかしバイナリーオプションなら短時間で取引ができるので、相場が動いている方向(トレンド)へと予想すれば勝てる可能性はあります。

バイナリーオプションは上がるか下がるかを予想する取引なので、投資初心者でも気軽に挑戦できますし、損失も投資した分だけなのでFXよりもリスク管理がしやすいというメリットもあるのです。

ここではラボ管理人がオススメする安心して利用でき、高い利益も出せる海外業者を紹介するのでまだ口座を持っていないという方はぜひ登録して取引をしてみてください。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション業者の中でも最大手で日本人トレーダーに人気です。その理由は平日の午前中に出金申請すれば翌日には出金が完了するという驚異の出金スピード。

またペイアウト率も高く、最大2倍固定の取引ができるので為替が大きく動く経済指標発表時などを狙えば一気に稼ぐチャンス!豪州金融当局のライセンスを所持していることもあり、安心して利用できる業者No.1です!

 

オプションビット

オプションビット

オプションビットは通貨ペアだけでなく株や指標などでも取引ができる海外業者で、独自のシグナルツールであるアルゴビットや新機能のフォロートレードをt買えば初心者でも利益を得られる可能性は十分にあります。

またタッチ取引では最大240%というペイアウト率で取引ができるので、為替が大きく動く経済指標時などは狙い目。CySECに認可を受け運営を行っている業者でもあるので安心して利用することが出来ます。

 

お手軽新しい株投資!One Tap BUY(ワンタップバイ)

最新記事

関連記事

取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日