まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

11月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

【5月経済指標】相場が大きく動くタイミングを見極めろ!

5月の経済指標

皆さんゴールデンウィークはどのように過ごされたでしょうか。海外に旅行へ行った方や家でゆっくりと過ごしたという方もいるかもしれません。

中には遊び過ぎてお財布が空っぽになってしまった…という人もいるかもしれませんね。バイナリーオプション業者に口座を持っているという方は経済指標を狙って取引を行ってみてください。

5月に発表される経済指標をチェック!

5月の経済指標

それでは早速5月に発表される注目の経済指標を紹介していきます。自分がどの通貨ペアで取引をするのかしっかりと確認して経済指標が発表された後にどのように動くのかをチェックしてください。

5/9(火)豪・小売売上高

小売売上高は百貨店やスーパーやサービス業の月間売上高のこと。指標発表直後の豪ドル円の平均変動幅は16pipsとスプレッドのある取引でも十分に勝てる可能性があります。

経済指標の中でも重要度が高く、結果によってはそれなりに動く指標です。為替レートが動くかどうかは事前の予想値と結果との差で決まります。

発表時間10:30(JST) 予想値:-
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

5/11(木)英・BOE政策金利発表

政策金利とは中央銀行が一般の銀行にお金を貸すときの利子のことで、イギリスの政策金利はBOE(イングランド中央銀行)が毎月上旬に発表しています。

指標発表直後のGBPJPYの平均変動幅は28pipsと大きく動きます。金利の変更が行われていないとは言え、平均でここまで大きく動いているということはバイナリーオプションでも利益を出すチャンスです。

発表時間20:00(JST) 予想値:-
■GBP/USD、GBP/JPYで取引をする場合
景気が良いという発言があった→上がる
景気が悪いという発言があった→下がる

5/11(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

5/12(金)米・小売売上高

小売売上高は百貨店やスーパーやサービス業の月間売上高のこと。毎月第2週にアメリカの商務省が発表しています。GDPや雇用統計などと連動性があり、注目度が高い指標です。

発表時の平均変動幅はUSD/JPYで14pipsほど。小売売上高の数値が良ければ景気が良いと判断され、ドル高円安になります。

ただ速報値があてにならないことに加え、季節要因もあるので直近の数値と比較して個人消費のトレンドを判断することはできません。月々の動きよりも3~4か月のスパンでトレンドを追うのが良いでしょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値余地も結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
■予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

5/16(火)米・建設許可件数[年率換算件数/前月比]

建設許可件数とは自治体などへの申請が必要な地域の建設許可件数のことで毎月大3週にアメリカの商務省が住宅着工件数と共に発表しており、中古住宅販売件数を含めこの3つに住宅関連指標は注目されています。

指標発表時の平均変動幅はUSD/JPYで10pipsほど。・極端に良い数字や悪い数字が出たときは大きく動く可能性がありますが、同時に発表される住宅着工件数も影響するので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

5/17(水)英・失業率/失業保険申請件数

失業率と失業保険申請件数はイギリスの国家統計局が発表している雇用に関する重要な指標です。アメリカの雇用統計や新規失業保険申請件数と同じようにGBPで取引をする人にとっては重要と言えます。

指標発表直後のGBP/JPYの平均変動幅は35pipsです。失業率と失業保険申請件数の両方の数字が反映された結果ですので変動幅は大きくなります。予想と結果との差で決まるので注目しておきましょう。

発表時間17:30(JST) 予想値:-
■GBP/JPY、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→下がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→上がる

5/18(木)豪・新規雇用者数/失業率

アメリカの雇用統計と同じようにAUDを大きく動かすのが新規雇用者数と失業率です。雇用統計が為替レートに大きな影響を与える理由は雇用が個人消費に直結するためと言われています。

指標発表後のAUD/JPYの平均変動幅は34pipsと激しく動く時もあります。予想と結果の乖離が激しい時は相場が大きく動く可能性のもあるので注意してください。

新規雇用者数
発表時間10:30(JST) 予想値:-
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→上がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→下がる
失業率
発表時間10:30(JST) 予想値:-
■AUD/JPY、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値の方が高い→下がる
予想値よりも結果の数値の方が低い→上がる

5/18(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均移動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表直後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

5/23(火)米・新築住宅販売件数[年率換算件数]

新築住宅販売件数は毎月商務省が発表している全米の新築住宅の販売件数や販売価格に関する指標で、新築住宅の売買契約が行われた時点の件数を表しています。

一戸建て、コンドミニアム、集合住宅を含む数ですが、既に保有している土地に新築を立てた場合は含まれません。指標発表直後の為替レートの変動幅は平均で6pipsと大きくありません。

しかし中古住宅販売件数と共に景気動向のsね高指標として注目されています。新築住宅販売件数は売買契約完了時点の指標なので新築住宅販売件数の方が先行性が高いといわれています。

発表時間23:00(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

5/24(水)米・中古住宅販売件数[根率換算件数/前月比]

中古住宅販売件数とはその月に所有権移転が完了した中古住宅の販売件数のことで、中古住宅は新築住宅よりも大きく景気変動に対する先行性が高いため注目されています。

毎月15日頃に発表される住宅建設許可件数の方が為替市場に与えるインパクトが大きいですが、中古住宅販売件数は住宅関連の先行指標として注目されているのです。

中古物件は季節的な影響が少なく、景気が良ければ件数が多く悪ければ少なくなります。過去数カ月間の数字が悪ければ先行きに不安が出てきます。

発表時間23:00(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

5/25(木)米・FOMC議事録公表

FOMC議事録公表はOFMC政策金利発表と同じくらい重要な指標です。FRBが政策金利を決定した背景やアメリカの経済状態をどうおみているか、先行きはどうかなどの議論の結果を公表します。

議事録公表後の為替相場の平均変動幅はUSD/JPYで18pipsです。重要な指標ですが、FOMC議事録発表前は売買を控える投資家が多く為替相場が動かない時もあるので注意しましょう。

発表時間3:00(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引する場合
景気が良いと発表があった→上がる
景気が悪いと発表があった→下がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引する場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

5/25(木)英・GDP国内総生産(改定値)

GDPとはkその国で新たに生み出された商品やサービスの価格の合計のことで、国の経済活動を広範囲に把握することが出来る指標で国家統計局が四半期ごとに発表しています。

GDPには速報値、改定値、確報値の3つがありますが最も注目されるのは速報値です。指標発表後のGBP/JPYの平均変動幅は45pipsと大きくなっています。

GDPはその国の経済力を測る最も重要な指標と言えるので為替に与える影響も大きくなるのです。時々速報値と改定値の数値にズレがありますが、この時は大きく動く可能性が高いでしょう。

発表時間17:30(JST) 予想値:-
■GBP/USD、GBP/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の方が高い→上がる
予想値よりも結果の方が低い→下がる

5/25(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均移動幅はUSD/JPYで15pipsです。雇用統計程ではないものの、発表直後の為替相場はADP雇用統計と同等のインパクトがあるので注目しておきましょう。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる
■EUR/USD、AUD/USD、GBP/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる

5/26(金)米・GDP国内総生産(改定値)

GDPとはその国で新たに生み出された商品やサービスの価格のことで3か月に1回アメリカの商務省が発表しています。雇用統計などと並びとても重要な指標のひとつです。

GDPには速報値、改定値、確報値がありますが重要なのは速報値。GDPの速報値発表直後の為替相場の平均変動幅は13pipsです。予想よりも大きく上下すれば30pips以上以上動くこともあります。

発表時間21:30(JST) 予想値:-
■USD/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→上がる
予想値よりも結果の数値が低い→下がる
■EUR/USD、GBP/USD、AUD/USDで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

5/30(火)日・失業率/有効求人倍率

アメリカの雇用統計や失業率に代表されるように雇用が為替に与える影響は大きく、数少ない日本の経済指標の中でも重要度の高いものとなっています。

完全失業率とは「完全失業者÷労働人口×100」で表したもので、全く仕事をしなかった就業者ではない人や仕事があればすぐに働ける人がどのくらいいたのかを表します。

また有効求人倍率とは「月間有効求人数÷月間有効求職者数」を表したもので、ハローワークにおける求人と就職の状況をまとめて発表するものです。

失業率
発表時間8:30(JST) 予想値:-
■USD/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY、GBP/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の方が高い→上がる
予想値よりも結果の方が低い→下がる
有効求人倍率
発表時間8:30(JST) 予想値:-
■USD/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY、GBP/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の方が高い→下がる
予想値よりも結果の方が低い→上がる

5/31(水)欧・失業率

失業率とは働く意思があるのに仕事がない人の割合を表したもの。ユーロ圏では景気が良い時で失業率は7%前後、悪い時で12%前後あります。

指標発表後の為替相場の平均変動幅はEUR/JPYで8pipsとなっています。失業率が上がればユーロ売りに繋がり、失業率が下がればユーロ買いに繋がるのですが、指標発表直後は予想値と結果の差で決まるので注意してください。

表時間18:00(JST) 予想値:-
■EUR/USD、EUR/JPYで取引をする場合
予想値よりも結果の数値が高い→下がる
予想値よりも結果の数値が低い→上がる

5/29(月)はロンドンとNY市場が休場している!

5月経済指標

投資をしている方は5月29日の相場に気を付けて取引をするようにしてください。この日はアメリカとロンドンで祝日があり、世界三大市場と言われているNYとロンドン市場が1日中閉まっているため。

この2つの市場が閉まっているということは相場も大きく動く可能性がないということが言えます。しかし突然大きく動く可能性もあるので取引をするときは気を付けておきましょう。

勝つのが難しいと思ったら無駄な損失を出す前に最初から取引をしないという選択肢もあります。投資では休むことも重要だということを覚えておいて無駄な取引をしないようにしましょう!

経済指標を見ながらバイナリーオプションで取引しよう!

経済指標はFXでも重要視される指標ですが、初心者が経済指標時に取引をしてもレートの動きが読めずに勝てないということもあるようです。

しかしバイナリーオプションなら短時間で取引ができるので、相場が動いている方向(トレンド)へと予想すれば勝てる可能性はあります。

バイナリーオプションは上がるか下がるかを予想する取引なので、投資初心者でも気軽に挑戦できますし、損失も投資した分だけなのでFXよりもリスク管理がしやすいというメリットもあるのです。

ここではラボ管理人がオススメする安心して利用でき、高い利益も出せる海外業者を紹介するのでまだ口座を持っていないと言う人はぜひ登録して取引をしてみてください。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション業者の中でも最大手で日本人トレーダーに人気です。その理由は平日の午前中に出金申請すれば翌日には出金が完了するという驚異の出金スピード。

またペイアウト率も高く、最大2倍固定の取引ができるので為替が大きく動く経済指標などを狙えば一気に稼ぐチャンス!豪州金融当局のライセンスを所持していることもあり、安心して利用できる業者No.1!

 

オプションビット

オプションビット_リニューアル

オプションビットは通貨ペアだけでなく株や指標などでも取引ができる海外業者で、独自のシグナルツールであるアルゴビットや新機能のフォロートレードを使えば初心者でも利益を得られる可能性は十分にあります。

またタッチ取引では最大240%というペイアウト率で取引ができるので、為替が大きく動く経済指標時などは狙い目。CySECに認可を受け運営を行っている業者でもあるので安心して利用することが出来ます。

< class="btn2" target="_blank" rel="nofollow">無料登録する

 

お手軽新しい株投資!One Tap BUY(ワンタップバイ)

最新記事

関連記事

取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日