まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

5月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

英国のEU離脱は”確実”!為替への影響は?

英国離脱問題

2016年06月24日。国民投票によってイギリスはEUからの脱退がほぼ確実となりました。

EUから脱退するということは経済的に厳しくなるということですが、なぜイギリスの国民は離脱を支持していたのでしょうか?

ここではイギリスがEUから脱退することによるメリットとデメリット、今後の為替への影響をラボ管理人の予想を書いていきたいと思います。

ここで書いているのはあくまでラボ管理人の予想ですので必ずしもそうなるとは限りません。参考程度に読んでみてくださいね。

イギリスがEUを脱退したいワケとは?

英国離脱問題

そもそもEUには経済的なメリットが多くあるにも関わらず、なぜイギリス国民の多くはEUを脱退したいと思っているのでしょうか?

表向きの理由としては「国としての主導権を回復する」ということらしいですが、実際には最近深刻化してきた“移民・難民問題”でしょう。

イギリスに限らずヨーロッパではほとんどの国において、シリアやイラク・北アフリカからの難民受け入れ問題があるということは多くの方がご存知でしょう。

その中でもイギリスは社会保障が手厚く、正式な手続きを踏み難民として受け入れられれば”福祉手当”という金銭が与えられたり、無料で医療施設を利用できたり、確実に住居が与えられるのです。

ここまで手厚い社会保障を受けられるなら他の国に行くよりもイギリスに住む方が誰だっていいはずです。また難民だけでなく、中国などからの移民も非常に多くなってきており問題に。

「とりあえずイギリスに行けば何とかなる」
そうやって移民・難民はイギリスを目指してくるのです。

なぜ難民の受け入れ拒否をしないのか?

ここで移民・難民に困っているのであれば拒否すればよいのではないかという疑問が浮かんできますね。

移民や難民を拒否できない理由が今回の問題となっている”EU”なのです。EU加盟国には“難民受け入れを拒否できない”という法律があります。

また移民について特別な理由がない限り拒否できないというわけです。移民・難民を拒否・制限するにはEUを離脱しなければなりません。

この理由からイギリスはEUを脱退したいというわけですね。次はイギリスが移民や難民を受け入れたくないかを書いていきたいと思います。

イギリスが移民・難民を受け入れたくないワケ

英国離脱問題

ではなぜイギリスは移民や難民を受け入れたくないのか。その理由が“国民の税負担が重くなるから”でしょう。

移民や難民の衣食住の費用負担は誰かがやってくれるわけではありません。国が対処しなければならず、その対処に使われるのが国の税金。

イギリスは特別裕福な国ではなく、むしろ財政は弱体化が進んでいます。自国の財政もままならない状態で本来使えるはずだったところに税金はいかず、難民にばかり使われてしまう。

自分たちが納めた税金が難民に使われるということを想像してみてください。イギリス国民が不満を持つのも当然です。

そして移民が増えると問題になるのが仕事。移民はイギリスに観光に来たわけではないので仕事をします。そうするともともとあった仕事をイギリスと移民で奪い合わなければなりません。

働けるはずだった若者や労働者が働けなくなる可能性があるのですからイギリス国民からしたらたまったものではないでしょう。

更には他国の文化が入ってくることによるイギリス古来の文化の喪失、また治安の悪化などの懸念もあるのです。実際に難民を受け入れたことによって治安が悪化してしまった国も。

これらのことを考えると移民・難民を受け入れたくないと思うのは当然ですよね。

イギリスがEUを離脱することによるデメリット

英国離脱問題

しかしイギリスがEUを離脱することによるデメリットも勿論あるわけですが、どのような影響が出るのでしょうか?

一番大きな影響は「ヨーロッパの中枢マーケットとしての地位陥落」でしょう。

現在世界のマーケットは3つの都市を中心に回っており、ウォール街で有名なアメリカ・ニューヨーク、そしてアジア圏では日本の東京(中国・上海という見方も)、そしてヨーロッパのイギリス・ロンドンです。

そのためロンドンには各国の金融機関が拠点を置いています。イギリスがEUに加盟していればロンドンに拠点を置けばEUのその他27か国でも許認可を求められずに自由にビジネスを展開できます。

しかしイギリスがEUを脱退してしまえば「ロンドンに拠点を置いてもヨーロッパで自由にビジネスできない!」となります。

そうなってしまえば多くの企業がロンドンを去っていく可能性も。今後ヨーロッパの金融市場はドイツやフランスに移転するかもしれないといわれています。

当然、イギリスから企業が去ってしまえば多くの失業者が出ます。ただでさえイギリスの失業率は上昇しているのにEU脱退によって生まれる失業者は95万人に上るとのこと。
※残留派のデータ。イギリスの国民は約6,500万人

これでは難民を受け入れても受け入れずとも多くの国民が職を失ってしまう可能性があります。むしろ離脱することによって失業率は余計ひどくなるのではないでしょうか。

為替への影響は?

イギリスがEUを離脱すればイギリスの国力の信用低下が発生するでしょう。EUという大きな後ろ盾を捨てて独り立ちするのですから信用低下は当然といえます。

そうするとイギリスの通貨であるポンドの価値も低下。ポンドの価値が下がるとどうなるでしょうか?

イギリスが他国のものを買うときにより多くのポンドを支払わなければならなくなるので、イギリスの購買力は低下。そうなってしまうと世間にお金が出回らなくなるので、当然イギリスの景気悪化にもつながります。

更にイギリスの購買力が弱くなってしまえばそれまで売れていたものも在庫になってしまい、物もお金も流れが悪くなってしまい、EU全体の景気悪化にもつながります。

そしてイギリス経済の先行き不安から市場全体に悪影響を及ぼします。実際に国民投票が行われたときのMT4チャートを見てみましょう。

英国離脱問題

まずはGBPJPYの15分足のチャートです。投票の開示が始まってから徐々に下落していき、160円近くあったレートが5時間後には133円台と大きく下げています。

また影響に与えているのはポンドやユーロだけではありません。USDJPYを見てみるとこちらも多いくレートを下げていました。

英国離脱問題

こちらはUSDJPYの15分足チャートです。こちらを見てみるとわかるように5時間で106円台から100円台に大幅下落。ニュースを見ていると一瞬だけ100円を切ったという報道もあるほど。

そこまで大きな値動きをしないといわれていたUSDJPYのチャートでも6円の値動きがあったということはEUから離脱するかどうかが重要だったことが伺えます。

今後の為替の動きは?

国民投票の結果が出てから数時間してからはどの通貨ペアも徐々に上昇してきていますが、今後も世界的に為替が下落する可能性は高いとラボ管理人は予想しています。

しばらくは予想しづらい値動きが発生するかもしれませんがしっかりとニュースや為替情報を確認して取引を行えばうまく利益を得られる可能性はあるでしょう。

イギリスやEUの動きを見逃さずにバイナリーオプションで取引をしてください。

今後バイナリーオプションを始めたいという方は出金報告があり、取引のしやすい業者を紹介しています。

出金が早いオススメ業者

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア公式ページ
ネッテラー出金を行う事で出金申請から僅か5秒というスピードで出金完了。今や日本人の多くが利用する豪金融庁の認可を受けた海外バイナリーオプション業者。また、ナショナルオーストラリア銀行を使った銀行出金も非常に早く、最短でその日のうちに出金の確認が可能。
ハイローオーストラリア公式ページ
トレード200
トレード200公式ページ
迅速なサポート対応で出金申請から1時間で出金完了。ペイアウト率200%の取引が人気で初心者にも根強く支持されている業者。さらに、重要な通知はサイト内から確認出来る「メッセージBOX」があるため、出金に関するトラブルがゼロに等しく、安心・安全で有名。
トレード200公式ページ
ジェットオプション
ジェットオプション公式ページ
上記2つの業者と比べると若干劣るものの、それでも出金申請から着金を確認出来るまで3日と言う海外業者の中でも比較的出金の早い業者。ペアウト率はトレード200のRETURN200%をも上回るため、高配当業者で取引をしたい投資家からの支持率が高い。
ジェットオプション
海外業者を探している方へ!人気ダントツ1位のハイローオーストラリアの魅力とは

最新記事

関連記事

取引結果の記事

比較ラボおすすめ!バイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日