まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

11月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

【為替予想】10月23日~11月3日までの注目の経済指標は?

10月4週為替予想

ここでは10月第4週から11月初めに発表される経済指標についての情報を紹介しています。経済指標が発表されると為替が大きく動く可能性もあり、バイナリーオプションで取引をしている人にとってはチャンスです。

今回は10月23日~11月3日に発表される経済指標の中でも為替が大きく動く可能性のある経済指標を紹介します。オススメの取引やどのくらいの相場の動きがあるのかも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

取引の前にチェックしておこう!

10月第4週為替予想

経済指標を狙ってバイナリーオプションで取引をする前にチェックしておくことがいくつかあります。経済指標は相場が大きく動く可能性が高いといわれていますが、その特徴を知っておかなければ意味がありません。

ここではどのような時に為替が大きく動くのかも紹介しているので初めて取引をするという人は取引前にチェックしておきましょう!

経済指標前にチェック!
・予想の数値がどのくらいか
・発表された数値がどのくらいか
・発表と予想の数値の差がどのくらいか

基本的に経済指標が発表された際、発表された数値が予想の数値よりも高ければ上昇するといわれており、逆に低ければ下落するといわれています。このことをしっかりと頭に入れて経済指標を狙って取引を行いましょう。

また経済指標を狙って取引する際には平均変動pipsに注目しておくのもオススメです。平均変動pipsとは値幅を表す際のその通貨の最小単位「100分の1」のこと。

平均変動pipsの数字が大きければ大きいほど相場の動きも大きくなる可能性が高くなるので平均変動pipsもしっかりとチェックしておきましょう。
※当サイトの平均変動pipsは過去6回の平均変動幅を計算して出しています。

10/25(水)英・四半期GDP(前期比/前年同期比)

GDPとはその国で新たに生み出された商品やサービスお価格の合計のことで、国の経済活動を広範囲に把握することが出来る指標で、国家統計局が四半期ごとに発表しています。

■発表日時
10/25(水)17:30発表
■オススメの通貨ペア
GBP/JPY
■予想値
未定
■平均変動pips
16pips
■前回の結果
0.3%/1.7%
■前回変動pips
-10%
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの1分~3分取引!

結果の数値が予想よりも高ければポンド高になるので「High」で取引を行い、逆に結果の数値が予想よりも低ければドル安になるので「Low」で取引を行えば勝率は上がるでしょう。

結果が発表されればトレンドが発生しやすくなっていますが、予想と結果の差が小さいとトレンドが発生しないこともあるので、しっかりと相場を見る必要があります。

平均変動pipsは16pipsもあり、大きく動く時は30~40pipsも動くため相場が大きく動けばスプレッドありの取引でも勝てるでしょうが、予想が難しいと感じたらオプションビットのアルゴビットを使うのも一つの戦略です。

10/25(水)米・新築住宅販売件数

新築住宅販売件数は毎月商務省が発表している全米の新築住宅の販売件数や販売価格に関する指標で、新築住宅の売買契約が行われた時点の件数を発表しています。

■発表日時
10/25(水)23:00発表
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
未定
■平均変動pips
3pips
■前回の結果
56.0万件
■前回変動pips
-3pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの3分~5分取引!

結果の数値が予想よりも高ければドル高になるので「High」で取引を行い、逆に結果の数値が低ければドル安になるので「Low」で取引を行えば勝率は上がるでしょう。

ただもみ合い相場になりやすい指標となっているのでトレンドの分析が苦手だという方はオプションビットのアルゴビットを利用するのも一つの戦略です。

10/27(金)米・四半期GDP(速報値)

GDPとはその国で新たに生み出された商品やサービスの価格のことで3か月に1回アメリカの商務省が発表しています。雇用統計などと並びとても重要な指標の一つです。

■発表日時
10/27(金)21:30
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
■平均変動pips
15pips
■前回の結果
2.6%
■前回変動pips
-11pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの30秒~1分取引!

指標の結果の数値が予想よりも高ければドル高になるので「High」で取引を行い、結果の数値が予想よりも低ければドル安になるので「Low」で取引を行いましょう。

この指標は結果が発表されてからすぐは大きくレートが動きます。1分間同じ方向にレートが動くため、相場が動き始めたら30秒や1分取引ですぐに取引を行ってみてください。

しかしすぐに相場が反転してしまうので、その後トレンドに沿って3分~5分の取引を行うのも良いでしょう。この指標の取引チャンスは結果発表直後の30秒~1分と反転後の3分~5分取引です。

10/30(月)米・個人所得/個人支出

個人所得は消費の最大の決定要因となっており、個人支出は様々なものへ支出した金額のことでアメリカの商務省が発表しています。米国のGDPの約7割を個人消費が占めるため非常に注目される指標です。

■発表日時
10/30(月)21:30発表
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
未定
■平均変動pips
14pips
■前回の結果
0.2%/0.1%
■前回変動pips
-27pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの1分~3分取引!

指標の結果が予想の数値よりも高かったらドル高になるので「High」で取引を行い、予想の数値よりも低かったらドル安になるので「Low」で取引を行いましょう。

トレンドが発生しやすいのでスプレッドありの取引でも良いかもしれませんが、個人所得と個人支出の結果が予想と比べて片方が良い(悪い)場合はトレンドが読みづらくなる場合もあります。

その時は取引をしないか、トレンドを見て今後の相場を予想してくれるオプションビットのアルゴビットを使って取引をするのもオススメです。

10/31(火)日・完全失業率/有効求人倍率

アメリカの雇用統計に代表されるように雇用が為替に与える影響は大きく、数少ない日本の経済指標の中でも重要度の高いものとなっています。

■発表日時
10/31(火)8:30発表
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
未定
■平均変動pips
3pips
■前回の結果
2.8%/1.52倍
■前回変動pips
+3pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.3分取引がオススメ!

結果の数値が予想より失業率が低く、有効求人倍率が高ければ円高になるので「Low」で取引を行い、結果の数値が予想より失業率が高く、有効求人倍率が低ければ円安になるので「High」で取引を行いましょう。

結果発表直後は変動はあるものの、もみ合い相場になる可能性が高いのでしっかりと相場を見ながら取引をする必要があります。

もしトレンドを分析するのが苦手な場合はオプションビットのアルゴビットで取引をするのも一つの手段です。

10/31(火)欧・消費者物価指数(速報値)

消費者物価指数は生産者物価の変動に関するデータのことで、メーカーなどの生産者が商品を売る時の価格です。

■発表日時
10/31(火)18:00発表
■オススメの通貨ペア
EUR/USD
■予想値
未定
■平均変動pips
10pips
■前回の結果
1.5%
■前回変動pips
-7pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.3~5分の取引がオススメ!

結果の数値が予想よりも高ければユーロ高になるので「High」で取引を行い、逆に結果の数値が予想よりも低ければユーロ安になるので「Low」で取引を行うと勝率は上がるでしょう。

結果が発表された直後はあまり大きな値動きにはなりませんが、緩やかなトレンド相場になる事が多いので3分~5分の取引を行えば予想も当たりやすくなるはずです。

ただ短いトレンドが頻発してしまうこともあるようなので、予想が難しいと感じたらオプションビットのアルゴビットを使って取引をするのも良いでしょう。

10/31(火)欧・失業率

失業率とは働く意思があるのに仕事がない人の割合を表したもの。ユーロ圏では景気が良い時で失業率は7%前後、悪い時で12%前後あります。

■発表日時
10/31(火)18:00発表
■オススメの通貨ペア
EUR/USD
■予想値
未定
■平均変動pips
3pips
■前回の結果
9.1%
■前回変動pips
+3pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの3分~5分取引!

指標の結果の数値が予想よりも高ければユーロ安になるので「Low」で取引を行い、結果の数値が予想よりも低ければユーロう安になるので「High」で取引を行いましょう。

この指標は結果が発表されてからは高い確率でトレンドが発生するのでトレンドに沿って3~5分の取引を行うのがオススメです。

ただもみ合い相場になる事もあったり、そもそもトレンドが発生しなこともあるので分析が苦手だという方はオプションビットのアルゴビットで取引を行ってみてください。

11/1(水)米・ADP民間雇用統計

アメリカには雇用統計が発表される前に先行指標として雇用統計の2日前に発表されるADP雇用統計があります。民間の給与アウトソーシング会社が発表しているものです。

■発表日時
11/1(水)21:15発表
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
未定
■平均変動pips
10pips
■前回の結果
13.5万人
■前回変動pips
+14pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.指標発表直後の30秒~1分がオススメ!

指標の結果が予想の数値よりも高ければドル高になるので「High」で取引を行い、予想の数値よりも低ければドル安になるので「Low」で取引を行いましょう。

指標発表直後の1分間は大きくレートが動くため、30秒から1分の超短期で勝負を仕掛けましょう。スプレッドの有る取引を行っても良いかもしれませんね。

11/1(水)米・ISM製造業景況指数

ISM製造業景況指数はアメリカの供給管理協会ISMが発表している製造業や非製造業の景気動向を見るための指標で、毎月発表される指標の中でも早くに発表されるので景気転換指標としても注目されています。

■発表日時
11/1(金)23:00発表
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
58.5
■平均変動pips
8pips
■前回の結果
60.8
■前回変動pips
+4pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの3分~5分取引

指標の結果が予想の数値よりも高ければドル高になるので「High」で取引を行い、予想の数値よりも低ければドル安になるので「Low」で取引を行いましょう。

多くの投資家が注目していることから大きな値動きがある指標で、トレンドも発生しやすくなっています。そのためスプレッドの有る3分~5分の取引でハイリターンを狙いましょう。

11/2(木)米・FOMC政策金利発表

FOMC政策金利発表は連邦公開市場委員会が発表する政策金利のことで年8回6週間ごとに発表されており、政策金利の利上げ、利下げは為替相場に影響を与えるため雇用統計と共にトレーダーが注目すべき指標の一つです。

■発表日時
11/2(木)3:00発表
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
1.25%
■平均変動pips
40pips
■前回の結果
1.25%
■前回変動pips
+74pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの3分~5分取引

10月15日FRBのイエレン議長が「物価の停滞は想定より長引く要素があるかもしれない」と発言したことで今後のアメリカの経済状況が懸念されています。

しかし12月には利上げを行う可能性が高いと示唆していることもあり、相場が大きく動くことが予想されているので経済指標が発表される際には注目したいですね。

この日に経済状況が良くなりつつあると発言されればドル高になるので「High」で取引を行いますが、経済状況が悪いと発言されればドル安になるので「Low」で取引を行いましょう。

11/3(金)豪・小売売上高

小売売上高は百貨店やスーパーなどのサービス業の月間売上高のことで、オーストラリアの統計局が毎月上旬に発表しています。

■発表日時
11/3(金)10:30発表
■オススメの通貨ペア
AUD/JPY
■予想値
未定
■平均変動pips
16pips
■前回の結果
-0.6%
■前回変動pips
-24pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.3分~5分の取引!

指標の結果が予想の数値よりも高ければ豪ドル高になるので「High」で取引を行い、予想の数値よりも低ければ豪ドル安になるので「Low」で取引を行いましょう。

指標が発表された直後は大きな値動きが発生するので、1分の取引を行っても良いかもしれませんね。ただ、その後は緩やかなトレンド相場になるので3分~5分の取引がオススメです。

11/3(金)米・雇用統計

FXやバイナリーオプションで取引をする人にとっては最も重要となる経済指標の米国雇用統計。特に第一金曜日に発表される「非農業部門雇用者数」と「失業率」の2つの指標は注目度が高くなっています。

■発表日時
11/3(金)
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
未定
■平均変動pips
33pips
■前回の結果
-3.3万人/4.2%
■前回変動pips
+27pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.1分取引の後に反転を狙って取引!

非農業部門雇用者数の結果の数値が予想よりも高く、失業率の結果の数値が予想よりも低ければドル高になるので「High」で取引を行いましょう。

逆に非農業部門雇用者数の結果の数値が予想よりも低く、失業率の結果の数値が予想よりも低ければドル安になるので「Low」で取引を行ってください。

ただ雇用統計は結果発表後の相場の反転が激しい指標ですので、1分などの短い取引でしっかりと相場を見ながら反転を狙って取引をするという方法がオススメです。

11/3(金)米・ISM非製造業景況指数

ISM非製造業景況指数とはアメリカの供給管理会社ISMが発表している非製造業の景気動向を知るための指標です。

■発表日時
11/3(金)23:00発表
■オススメの通貨ペア
USD/JPY
■予想値
57.9
■平均変動pips
8pips
■前回の結果
59.8
■前回変動pips
+21pips
Q.オススメの攻略法は…?
A.スプレッドありの1分~5分の取引!

指標の結果が予想よりも高ければドル高になるので「High」で取引を行い、予想の数値よりも低ければドル安になるので「Low」で取引を行いましょう。

指標が発表された直後は大きくレートが動くことがあるので30秒や1分でスプレッドの有る取引を行い、その後は3分や5分でトレンドに沿った取引を行うと良いでしょう。

祝日でもバイナリーオプション取引は可能!

2017年11月3日の金曜日は文化の日で日本では休日となっています。この日は東京市場は休場しているため多くの方がこの日はバイナリーオプション業者が休みだと思っているかもしれませんね。

しかしこの日は日本だけが休みなので他のニューヨーク市場や欧州の市場は通常通り開場しています。そのため経済指標もしっかりと発表されているいるのです。

11月3日はアメリカから雇用統計が発表されるのでバイナリーオプションで経済指標を狙って取引をしているという方は見逃さずに取引を行いましょう!

海外のバイナリーオプション業者はクリスマスなどは休業しており、取引ができない場合がありますが日本の祝日は基本的に営業しているのでぜひ取引に参加してください。

海外バイナリーオプションならすぐに取引できる!

国内のバイナリーオプションと違い、海外のバイナリーオプションは口座開設が完了して入金を済ますことが出来ればすぐに取引を始めることが出来ます。

しかも海外のバイナリーオプションはFXとは違い、上がるか下がるかを予想するだけなので波に乗ることが出来れば初心者でも楽に稼げる可能性はあるのです。

ただ海外のバイナリーオプション業者は数が多く、自分に合った業者を見つけるのにも一苦労です。どの業者がいいか分からないという方はラボ管理人がオススメする業者を紹介するのでまずはそちらを利用しましょう!

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション業者の中でも最大手で日本人トレーダーに人気です。その理由は平日の午前中に出金すれば翌日には出金が完了するという驚異の出金スピード。

またペイアウト率も高く、最大2倍固定の取引ができるので為替が大きく動く経済指標発表時などを狙えば一気に稼ぐチャンス!豪州金融当局のライセンスを所持していることもあり、安心して利用できる業者No.1です!

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
  • 午前中に出金申請すれば翌日には銀行口座に着金が完了!
  • 1分の短期取引で200%固定のペイアウト率を可能としたスプレッド取引を実現!
  • 豪金融当局(ASIC)の認可を受けており、賠償責任保険も完備という安心の業者!

オプションビット

ハイローオーストラリア

オプションビットは通貨ペアだけでなく株や指標などでも取引ができる海外業者で、独自のシグナルツールであるアルゴビットや自動取引機能のフォロートレードを使えば初心者でも利益を得られる可能性は十分にあります。

またタッチ取引では最大240%というペイアウト率で取引ができるので、為替が大きく動く経済指標時などは狙い目。CySECに許可を受け運営を行っている業者でもあるので安心して利用することが出来ます。

オプションビット

オプションビット
  • 初心者でも簡単に扱えるシグナル配信ツール「アルゴビット」を搭載!
  • 今アツい!話題のBITCOIN/USDで取引ができる!
  • CySECの認可を受けた業者で、SSLのセキュリティシステムも完備!

お手軽新しい株投資!One Tap BUY(ワンタップバイ)

最新記事

関連記事

取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日