海外でバイナリーオプション取引ができる業者を中心に、取引商品、システム内容を徹底比較|バイナリーオプション比較ラボ

サービス終了のお知らせ

現在ご覧になられている業者は既にサービスを終了している、もしくは新規口座開設の受付を行っていない業者です。公式サイトへアクセスするリンクは掲載しておりませんので、業者一覧より利用可能な業者をお探し下さい。

まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

今月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

バイナリー初心者でも出来る24オプション攻略法!

トレーダー傾向を投資に活用しよう

まずはバイナリーオプション取引の王道であるハイロンドー取引の攻略法から。

ハイアンドロー取引で最初に注目するのはトレーダーのポジション保有率を示す「トレーダーのポジション傾向」です。この傾向は、ポジションを保有しているトレーダーの割合を示すものであり、どのくらいのトレーダーが上がる、もしくは下がると予想しているのかを確認することが出来ます。

24オプションのトレーダー傾向

次にこれをどう投資に活用していくかについてですが、そもそも為替レートを動かしているのは人で、多くのトレーダーが上がると予想したものは上がりやすく、下がると予想されたものは下がりやすいという傾向を持っているので、このトレーダー傾向でも同じことが言えることなります。

つまり、下記のような傾向の傾きの強い通貨ペアを探すと予想がやり易くなるという事。

24オプションのトレーダー傾向を利用した戦術

このトレンドは7割近くの方が「この後上がる」と予想しているという事です。多くの人が予想したからといって必ずそうなるとは限りませんが、トレンドの動向を予想する中で一つの参考材料としては非常に役に立つツールと言えるでしょう。

実際に上二つのトレンドを比較してもわかるように、上のトレンドは上がったり下がったりで動向が予想しにくいのに対し、下のトレンドは30分以上右肩下がりに下降しているため、そろそろ上がるだろうというトレーダーが多いのがわかります。

ただ闇雲に自分の勘だけを信じて投資を行うリスクを考えても、ひとまず冷静になるという意味でもトレーダー傾向に注目してみてはいかがでしょうか。

境界(レンジ)の取引きを有効に攻める

24オプションはレンジのバイナリーオプションを取り扱っている業者の一つです。レンジは下限価格と上限価格の幅を選択し、その価格帯の範囲内に値動きが常に収まっているかどうかを見極める取引方法となっており、通常のハイアンドローと比べて予想が難しい中級者向けの取引となるため配当となるペイアウト率が高いのが特徴です。

24オプションの境界(レンジ)取引き

それではレンジの攻め時についてです。まず、狙うのは「アウト」になります。

24オプションの境界(レンジ)取引きはアウトを狙え!

これは指定されたラインを超えると予想されるときに購入するチケットで、下記チャートで言う赤い部分までレートが動けば勝ち、動かなければ負けという取引です。しかし、下記を一目見てわかるように横ばいのレンジ相場では勝ち目がありません。

24オプションの境界(レンジ)取引きルール

そこで狙うのがトレンド相場と言うわけです。

主な狙い目として外国為替市場の3大市場のうち、ニューヨークとロンドンの市場が同時に開く時間帯(日本時間21時~深夜2時)が挙げられます。欧州勢とアメリカ勢が同時に動くこの時間帯は値動きが激しいことで有名ですので、このタイミングを狙って取引を行うことで通常レンジ相場で手が出ない取引も狙っていくことが可能となるのです。

30秒オプション・60秒オプションの攻略の注意点

最後に日本人トレーダーに最も人気のある短期取引について解説します。レンジやハイアンドローと比較するとペイアウト率が低く設定してありますが、コンスタントに取引を繰り返すことで利益率を急激に伸ばすことが出来ることから、多くのトレーダーに利用されている取引です。

値動きがゆるやかな場合は一つ一つの振れを小さなトレンドとして捉えることができますので、60秒オプションや2分などの超短期間取引きをやってみるのもいいかもしれません。

24オプションの短期取引

このページの最初で「バイナリーオプション初心者はハイアンドローでトレーダー傾向を参考に」と解説していますが今回はその逆です。トレーダー傾向をツールとして用意している業者は少なくありませんが、短期取引にトレーダー傾向が備わっている業者は珍しく、24オプションはその少ない業者の一つです。しかし今回はこのトレーダー傾向を無視して取引を行います。

24オプションの短期取引はトレーダー傾向を無視!

なぜ無視するのかと疑問に思う方もいるでしょう。

傾向の傾きが強ければトレンドはその方向に行きやすい傾向があるのは確かですが、短期取引の場合レートが進むスピードが速いため、トレーダー傾向がそのスピードに追いついていません。

つまり、下記チャートを例に挙げると「トレーダー傾向は約67%のトレーダーが上がると判断しているが、①~④のどの時点のトレーダー傾向かわかりにくい」ということです。

24オプションの短期取引はトレーダー傾向を無視!

短期取引の場合はトレンドの流れに添って順張りが鉄板なので、あまりうろうろしているトレンドに手を出したりせずに取引を行うタイミングを計るように心掛けましょう。

公開日:2014/08/19 最終更新日:2014/10/10

この記事で紹介した業者

24オプション

24オプション
  • 業界最大手で日本人の利用者多数!
  • NETELLER対応業者で入出金がスムーズに行える!
  • 銘柄数、取引ルール共に豊富で幅広い投資が可能!
この記事を書いた人

比較ラボ管理人[山本裕太

はじめまして山本と申します。
私は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、日々取引を行っています。 このサイトでは、バイナリーオプションやFXについて、私が学んだ知識や経験を踏まえた上で、徹底的に比較検証していきたいと思っています。
よりよい取引ライフを共に目指していきましょう。1人でも多くの方が利益を得られますように。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

Twitter

比較ランキング

総合TOP3

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
日本人の多くが利用する豪金融庁の認可を受けた安心して使える業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額5,000円
最低投資額1,000円
出金日数最短当日
トレード200
トレード200
出金報告多数あり!安心感のある高ペイアウト率業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額10,000円
最低投資額200円
出金日数最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
ペイアウト202%の取引、レンジアウト実装でユーザー注目度急上昇の業者!
ペイアウト率最大2.02倍
初回入金額10,000円
最低投資額500円
出金日数最短5営業日
海外業者を一括比較
人気のあの取引が驚異のペイアウト率!the option