まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

6月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

ハイローオーストラリアの税金対策から確定申告の方法を分かりやすく

ハイローオーストラリアの確定申告の仕方について調査

海外と国内のバイナリーオプション業者の税金の違いについて理解しよう

バイナリーオプション業者には国内と海外がありますが、どちらを使っているかで税金の種類が異なりますのでしっかりとチェックしておきましょう。

国内のバイナリーオプション業者を利用している人は?

国内業者を利用しているという方は「申告分離課税」となります。申告分離課税とは他の所得とは分離して税額を計算する課税方法のことで一律で20.315%の税率です。

また国内業者を利用しているという方は3年間の損失繰り越しが可能。例を出して考えてみましょう。

1年目:50万円の損失
2年目:30万円の損失
3年目:80万円の利益

損失繰り越しがない場合は3年目には162,520円の税金を支払わなければなりませんが、損失繰り越しがあるため1年目と2年目の損失が80万円なので相殺されて納税が免除になるのです。

海外のバイナリーオプション業者を利用している人は?

海外業者を利用しているという方は「総合課税」として納税してください。総合課税とは他の所得金額を合計して税額を計算する課税方法のことです。

総合課税の対象となる所得は「利子所得」「配当所得」「事業所得」「不動産所得」「給与所得」「譲渡所得」「一時所得」「雑所得」の8種類となっており、海外バイナリーで得た利益は「雑所得」となります。

これらの所得金額を合算して税率をかけたものが総合課税となり、所得金額の総額によって税率は変わってくるので注意が必要です。

また国内業者を利用している方も海外業者を利用している方もバイナリーオプションで20万円以上の利益を出していたら納税対象となります。

ハイローオーストラリアの脱税はばれない?

脱税はバレないのか?

ハイローオーストラリアは海外のバイナリーオプション業者ですので「出金しない限り脱税はバレない!」と言う話をよく聞きます。

FX業者やバイナリーオプションは投資の中でも稼いでいる人口が多いということで税務署が目を光らせている取引の一つです。そのため国内業者は支払調書を国税庁に提出しなければなりません。

国内業者を利用している場合はその支払調書で脱税がバレるということもありますが、海外業者の場合は国税庁がわざわざ一つ一つ海外業者を調査することはない、と言うよりはできないというのが実情です。

そのため上記のように「出金しない限り脱税はバレない」という話が出回ったのでしょう。しかし銀行は海外送金があった場合税務署や警察に提出する義務があります。

その場合納税していないという以前に「マネーロンダリングで不正に利益を得ているのではないか?」と税務署や警察から調査が入る可能性があるのです。

もし確定申告をしていなければそこから脱税がバレる可能性もあるので、海外業者のハイローオーストラリアを使っているからと言って脱税がバレないということはありません。

またマイナンバー制度によって今後脱税などに関してはより一層取り締まりが厳しくなる可能性もありますが、しっかりと確定申告を行っていれば問題ないので安心してください。

ハイローオーストラリアではどの瞬間に納税対象になるのか

海外業者を利用している人のブログでも確定申告についての問い合わせがあるようで、「確定申告をするタイミングっていつ?」というような記事を見かけます。

これはブロガーによって様々で「出金した金額を申告」という人もいれば「利益がある時点で申告」と二分になっているのですが、本来は「利益がある時点で申告」です。

ハイローオーストラリアで1月~12月の間に20万円以上の利益がある場合は確定申告を行わなければなりません。利益が出ているかどうかを見る方法はハイローオーストラリアのマイページから確認してください。

ハイローオーストラリアでの税金計算方法

今回はハイローオーストラリアを利用している場合の確定申告をする際の税金の計算方法を紹介していきたいと思います。

まずは海外バイナリーオプションを利用した際にどのくらいの税率が必要となるのかを見ていきましょう。必要となるのは所得税にかかる税率と復興特別所得税、住民税です。

課税される所得金額
税率
控除額
195万円以下
5%
0円
195万~330万円以下
10%
97,500円
330万~695万円以下
20%
427,500円
695万~900万円以下
23%
636,000円
900万円~1,800万円以下
33%
1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下
40%
2,796,000円
4,000万円以上
45%
4,796,000円

総合課税は所得金額によって税率が変わるので上の表を参考にしながら計算を行ってください。また住民税は大体10%、復興所得税は2.1%必要となります。復興所得税は2037年まで納税しなければなりません。

支払う税金額=所得税+復興特別所得税+住民税

上記が確定申告の際に必要な税金を計算するための計算方法です。ここではアルバイトで年間100万円を稼いでいる大学生と年収600万円ある会社員を例に挙げて計算していきます。

大学生(利益額:50万円)

アルバイト代100万円+ハイローオーストラリアでの利益50万円=150万円

所得税
150万円×5%=75,000円

復興特別所得税
所得税:75,000円×2.1%=1,575円

住民税
所得:150万円-給与所得控除:65万円-基礎控除:33万円×10%=52,000円

税金の総合額
75,000円+1,575円+52,000円=128,575円

141,750円の税金を支払わなければならない

会社員(利益額:50万円)

年収600万円+ハイローオーストラリアでの利益50万円=650万円

所得税
650万円×20%-427,000円=873,000円

復興特別所得税
所得税:873,000円×2.1%=18,333円

住民税
所得:650万円-給与所得控除:65万円-基礎控除:33万円×10%=552,000円

税金の総合額
873,000円+18,333円+552,000円=1,443,333円

1,443,333円支払わなければならない

ハイローオーストラリアで確定申告書を提出する方法

ハイローオーストラリアで利益を出したら確定申告が必要だということは分かっていただけたと思いますが、どこから確定申告をすればいいか分からないという方もいるかもしれません。

確定申告を行う方法は税務署に行って書類に記入するか、e-Taxなどのインターネットで確定申告を行うという2つの方法があります。

税務署で確定申告を行う場合は税務署員が丁寧に教えてくれると思うので、分からないことがあれば職員に来て見るのが良いでしょう。

e-Taxで確定申告1

e-Taxで申請を行う方法ですが、雑所得の「その他」の隣の「入力する」と言うボタンをクリックしてください。

e-Taxで確定申告2

それから「上記以外(報酬等)」の「入力する」と言うボタンをクリックして収入金額や必要経費などを入力していきます。

e-Taxで確定申告3

まず種目の所には「海外BO」と記載し、名称の所には「Highlow Markets Pty Ltd.」と記載してください。住所にはハイローオーストラリアの住所を記載してください。

ハイローオーストラリアの会社名や住所はハイローオーストラリアの公式サイトにある「会社概要」に記載されているのですぐに分かります。

その後収入金額の所には利益額を記載してください。その後ハイローオーストラリアで取引をするにあたって経費を使った場合は経費も入力しておきましょう。

これでe-Taxで確定申告をする方法は完了です。しっかりと利益額などを間違いなく入力するようにしてください。

ハイローオーストラリアの取引履歴

ちなみに収入額の欄に入力する数字はハイローオーストラリアの取引履歴の損益計算の結果です。まずはログインしてマイページへアクセスしてください。

取引履歴をクリックして1月~12月の分の取引履歴を表示させます。「エクスポート」をクリックすれば赤いマーク(PDF)と緑色のマーク(エクセル)が出てくるので、どちらかを選べば自動で損益計算までしてくれます。

収入額の所に損益計算の結果を入力すれば大丈夫です。この様に便利な機能があるのでぜひ利用しましょう。

ハイローオーストラリアでも税金対策する方法はある

先ほどハイローオーストラリアで利益を出した場合に税金はいくらかかるのか計算をしたときに感じたという方もいるかもしれませんが、稼げば稼ぐほど多くの税金を納税しなければなりません。

ただ先ほど計算した結果は社会保険料や扶養控除などの控除額を計算していないのでもっと税金は減る可能性はあります。

しかしその他にもハイローオーストラリアで脱税などの違法な行為をしなくても税金対策をする方法はあるのです。その方法が経費を申請するということ。

基本的にバイナリーオプションで稼ぐために使った費用は概ね経費として認められるため以下のものを経費として計上できるかどうかを調べておくと良いでしょう。

・バイナリーオプションを利用している部屋や事務所の賃料の一部
・バイナリーオプションで利用しているパソコンやタブレット、スマホの端末費用
・バイナリーオプションで使うWi-Fiや光回線
・バイナリーオプション業者との連絡で使う携帯電話
・バイナリーオプションのセミナー参加費
・バイナリーオプションのセミナーなどに参加するための交通費
・バイナリーオプション関連書籍代
・バイナリーオプション仲間との情報交換のための接待交際費
・机や椅子などの家具
・PC周辺機器

これらは経費として認められる可能性は高いので税額が大きくなる場合は経費として計上できないか、税理士に相談してみることをオススメします。

面倒な方は税理士に代行・代理依頼がオススメ

確定申告は税理士に頼もう!

ここまでの解説で「ハイローオーストラリアで確定申告するのってめんどくさいなぁ…」と感じた人は多いかもしれませんね。しかし海外のバイナリーオプションでお金を稼ぐためには確定申告は必須です。

確定申告がめんどくさいと感じた場合は税理士に相談するのが最も良いでしょう。インターネットで「副業 確定申告代行」と検索すれば意外と安価で確定申告を行ってくれる税理士事務所が出てきます。

どのような依頼をするかにもよりますが、e-Taxなどで代理で確定申告を行ってもらう場合などは6,000円からと安価です。

確定申告が面倒だという方ややり方が分からないという方は楽に確定申告ができるので、税理士に依頼するというのも良いでしょう。

この記事で紹介した業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
  • 午前中に出金申請すれば翌日には銀行口座に着金が完了!
  • 1分の短期取引で200%固定のペイアウト率を可能としたスプレッド取引を実現!
  • 豪金融当局(ASIC)の認可を受けており、賠償責任保険も完備という安心の業者!
デモ取引ができる海外業者を紹介!

最新記事

この業者の関連記事

この業者の取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日