海外でバイナリーオプション取引ができる業者を中心に、取引商品、システム内容を徹底比較|バイナリーオプション比較ラボ

サービス終了のお知らせ

現在ご覧になられている業者は既にサービスを終了している、もしくは新規口座開設の受付を行っていない業者です。公式サイトへアクセスするリンクは掲載しておりませんので、業者一覧より利用可能な業者をお探し下さい。

まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

8月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

オプション・ロワイヤルはペイアウト率が低い?

質問

オプションロワイヤルのペイアウト率について

国内規制に伴い海外業者を利用するようになりました。低額から投資が可能という事でオプションロワイヤルを使っていますが、他の業者を見てみるとオプションロワイヤルのペイアウト率が低く感じてしまいます。
オプションロワイヤルは同業者の中でもペイアウト率が低めの業者なのでしょうか?

回答

オプションロワイヤルより低いペイアウト率の業者も存在しますが、もちろん逆にペイアウト率が高く設定してある業者も多く存在するので一概にオプションロワイヤルのペイアウト率の設定が低いと言うのは難しいかもしれません。

実際に同じ取引時間、銘柄で比較してみるとわかり易いと思います。
※下記ではオプションロワイヤルと取引画面が非常に似ている24optionとの比較

オプションロワイヤルと24オプションのペイアウトを比較

これは同じ時間帯のポンド/米ドルのペイアウト率を比較したものですが、赤枠内で囲んだ部分だけを見ると、オプションロワイヤルのペイアウト率の方が高いのが判ります。しかし、一方では赤枠部分の下、米ドル/円(USD/JPY)のペイアウト率を見ると、24オプションの方が高くなっているのです。

つまり、どの通貨を比較するかによってペイアウト率の高い低いは変わってくるという事になります。

利口に取引を行う必要がある

海外バイナリーで上手く資金を運用しているトレーダーの多くが、利用する業者を一つに絞らず複数のサイトで資金運用を行っているケースが多いです。

その理由の一つとして挙げられるのが、上記のペイアウト率。つまり、同じ時間帯でも業者によって設定してあるペイアウト率が異なるため、少しでも高いところで取引を行うという事。3~4個程度の業者数なら管理も簡単ですし、海外バイナリーオプションの場合は口座開設も2~3分で済むので口座開設も面倒ではありません。

更に、多くの資金を運用するトレーダーはバイナリーオプションを提供する会社が倒産したりと言う”万が一”の時に備え、分散して運用してるケースが多いのです。大手の企業ほどそういう心配はありませんので、ペイアウト率だけ注目して業者を選ぶのではなく、そういった安心できる業者を利用するのも一つの方法だと言えますね。

また、仮にオプションロワイヤルと併用して利用するならペイアウト率が比較的高めに設定してあるハイローオーストラリアや、スマートオプションVIPオプションなどが有力候補でしょう。それぞれ海外バイナリーオプション業者の中ではトップクラスの大手企業のため、安心して利用できる点も大きいです。

この記事を書いた人

比較ラボ管理人[山本裕太

はじめまして山本と申します。
私は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、日々取引を行っています。 このサイトでは、バイナリーオプションやFXについて、私が学んだ知識や経験を踏まえた上で、徹底的に比較検証していきたいと思っています。
よりよい取引ライフを共に目指していきましょう。1人でも多くの方が利益を得られますように。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

Twitter

比較ランキング

総合TOP3

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
日本人の多くが利用する豪金融庁の認可を受けた安心して使える業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額5,000円
最低投資額1,000円
出金日数最短当日
トレード200
トレード200
出金報告多数あり!安心感のある高ペイアウト率業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額10,000円
最低投資額200円
出金日数最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
ペイアウト202%の取引、レンジアウト実装でユーザー注目度急上昇の業者!
ペイアウト率最大2.02倍
初回入金額10,000円
最低投資額500円
出金日数最短5営業日
海外業者を一括比較
人気のあの取引が驚異のペイアウト率!the option