まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

5月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

ソニックオプションの必勝法!?「目押し攻略法」は使えるのか!?

ソニックオプションの目押し攻略

バイナリーオプションの必勝法と称して「目押し」という方法を勧めているブログやサイトを目にすることがありますが、ラボ管理人のこれまでの取引経験から言うと「目押しを狙う方法は危険」と言わざるを得ません。

今回は目押し攻略法が危険だと言われている理由やソニックオプションを攻略するのに管理人がオススメする攻略法を紹介していきたいと思います。

目押し攻略法とは?

まずは「目押し」という手法について。目押しとは元々スロットなどで使われている用語のことで、ルーレットが回っている時に特定の図柄を狙うことです。

目押し攻略法

バイナリーオプションの場合は上の画像の様に相場の一瞬のブレのようなものを狙います。目押し攻略法を使って取引する時はこの一瞬のブレを正確に把握して注文しなければなりません。

このタイミングを掴むのは初心者にはほとんど不可能に近く、そもそもいつ来るかも分からない一瞬の動きに合わせて寸分のズレもなく、注文ボタンを押すのはプロのトレーダーにも難しいでしょう。

しかも注文ボタンを押してから約定されるまでのタイムラグを考えればブレが発生したポイントとはかけ離れたレートで約定する可能性も高いことを忘れてはいけません。

目押しを使うと負けやすい理由

管理人もこのブレによって予想が当たっていたのに負けてしまったということもあるので、このブレをうまく利用できればより勝率は上がるでしょう。

しかし先程も記載したようにブレを狙ってポジションを取るのは難しいので、ブレを狙ってもうまくいく可能性は低いと思います。

そのことを考えるとラボ管理人個人の考えとしては目押し攻略法はあまりオススメできません。ここではその理由について見ていきたいと思います。

目押しポイントがわかりにくい相場も多い

目押し攻略法

上記の様に目押しで攻略しようと思ってもどのタイミングで買えば良いのかわかりにくい相場も。相場分析をしておけば問題のない値動きであっても、目押しだけを狙って取引をしている人に撮っては難易度の高い相場だと思います。

この様に「ブレがあったところで買うだけ」と一見簡単そうに思える手法ですが、実践で使うには難しいと言わざるを得ませんし、実際に投資の世界で中長期的に利益を出しているプロトレーダーが目押しを使っているなど聞いたことがありません。

目押しでポジションを買うのは難しい

目押しは相場に出現する一瞬のブレを見極めて取引をする方法ですので、初心者がそのタイミングを見極めるのは難しくなっています。

上の動画を見ても分かるように、取引をしようと思ってもブレはないということもあるでしょう。この様に必ずしも目押しが発生するわけではありませんし、発生したとしても一瞬なので取引をしようにもタイミングが取れません。

この様に目押しが発生するとも限りませんし、発生したとしてもそこでポジションを取るのは大変むずかしいのです。

目押しで買えたからといって安心できない

目押し攻略法

仮に一瞬の下落したタイミングで約定されたとしても、必ずしてもそのあと相場が上昇(下降)するとは限りません。

上記がまさに良い例ですが、左の赤丸で約定されたとしても60秒後には更にレートが下がっていることもありえます。

これは別に珍しいことではないですし、このまま下降(上昇)トレンドへ突入する可能性も。目押しは相場分析などを一切しない方法なので、当たるか外れるか運次第の危うい投資法と言えるでしょう。

ギャンブル性が強い目押しではなく、分析で勝率を上げよう!

タイトルのとおりですが「目押し」は攻略法というよりもギャンブル要素の強い投資方法です。いつ来るのかも約定できるのかも分からない、約知恵しても予想が外れる恐れのある方法をバイナリーオプションの攻略法とはいえませんよね。

本当に勝ちたいと思うのであればMT4やローソク足チャートを使って相場分析をしながら相場の動向を予想したほうが利益を出せる可能性は高いでしょう。

ここでは管理人がオススメするMT4で使えるインジケーターを紹介していくので、ソニックオプションで投資をしている方は是非参考にしてください。

ボリンジャーバンド

メタトレーダー(MT4)のボリンジャーバンド

まずはボリンジャーバンド(Bollinger Bands)です。移動平均線とsぽの上下に値動きの幅を示す線を加えた指標で、移動平均線の上には+1σ、+2σ、+3σがあり、下には-1σ、-2σ、-3σと表示されます。

ボリンジャーバンドでは統計学的に上下の線の間で株価が動く確率が想定されているため、確率を個々に求めたりする必要がありません。

・±1σの間に価格が収まる確率…約68.3%
・±2σの間に価格が収まる確率…約95.5%
・±3σの間に価格が収まる確率…約99.7%

ボリンジャーバンドの設定については「MT4でボリンジャーバンドを設定する方法」で解説しているので、そちらでご覧ください。

実際にボリンジャーバンドを見ながらソニックオプションで何度か取引を行ってみました。

ボリンジャーバンドを使って攻略

まずはこちらのチャートをご覧ください。数分間下がっており、-2σのボリンジャーバンドに近づいているのが分かるでしょう。

これは上る可能性が高いと判断したので、ソニックオプションに移動します。移動したらAUD/USDを選択して、取引額を5,000円に設定しましょう。

ボリンジャーバンドを使って攻略

取引を行った結果がこちら。途中までは値動きがなく不安でしたが後半に入ってレートが上がり、利益を得ることが出来ました。

ボリンジャーバンドを使って攻略

その後も何度か取引を行いました。3勝1敗1分けと中々良い結果ではないでしょうか。ボリンジャーバンドのみでは6,350円の利益を獲得することが出来ました。

MACD

MACDの見方

次はMACD(Moving Average Convergence Divergence Trading Method)の略で、一般的にはマックディーと呼ばれています。

MACDには「シグナルライン」「MACD」「0ライン」の3つから構成されており、この3つを利用して反転ポイントやトレンドかどうかを見ることが可能です。

MACDの設定方法やシグナルの見方については「MT4でMACDを設定する方法とMACD戦術について」を参考にしてください。

MACDを使って攻略

それでは実際にソニックオプションで取引をしてみたいと思います。まずはこちらのチャートをご覧ください。

MACDで0ラインより下にあるもののMACDが短くなっており、シグナルラインも上に向かっていっているのが分かるでしょう。

これは上がる可能性が高いと思ったので、早速ソニックオプションで取引をやってみたいと思います。EUR/USDを選択して「High」を選択して取引を行いましょう。

MACDを使って攻略

結果はラボ管理人の予想通りでした。とはいえ、ポジションを取った瞬間にブレが発生したので目押しになった感じですね。

MACDを使って攻略

その後も何度か取引をしましたが、今回はあまり良くない結果になりました。2勝3敗1分けで7,350円の損失になってしまいました。

ローソク足

ソニックオプションのローソク足チャート

最後はローソク足チャートを使った攻略法です。ローソク足チャートはFXや株取引をしている人の基本と言われており、上昇を表す陽線と下降を表す陰線の2つから形成されているチャートです。

ローソク足1本で始値と終値、高値・安値も把握することが出来ます。ソニックオプションには取引画面でローソク足が搭載されているので、簡単な相場分析をしながら取引をすることが可能なのです。

またローソク足のヒゲを見るという方法もあります。ローソク足の形の見方やローソク足のヒゲを使った攻略法については以下のページをご覧ください。

▼ローソク足の形について
ソニックオプションのローソク足を使う攻略法!
▼ローソク足のヒゲを使った攻略法について
ハイローオーストラリアで使えるローソク足のヒゲ攻略法

それでは早速ソニックオプションでローソク足を使って取引をしてみたいと思います。

ローソク足を使って攻略

まずはこちらのローソク足をご覧ください。長い陽線が出た後に下落になっているのが分かるでしょう。陽線は上ヒゲが長く、下がる可能性が高いと思われます。

また天井付近で大陽線が出現し、その範囲内に収まる小陰線が出ているのが分かるでしょう。これは下降トレンドに転換する傾向が強いと言えるので下降トレンドが発生する可能性が高いといえます。

ソニックオプションでUSD/JPYを選択して、「Low」を選択してみました。さて、どうなるでしょうか。

ローソク足を使って攻略

しかしラボ管理人の予想に反して相場は上昇していき、負けてしまいました。今回は5,000円の損失ですね。

ローソク足を使って攻略

その後も何度か取引を行ってみましたが、結果は3勝2敗となりました。1,450円の利益を獲得することに成功です。

個人的に最も分析しやすいと感じたのはボリンジャーバンドでした。ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせても良いかもしれませんね。

ローソク足の形を覚えればMT4いらず!

今回はソニックオプションで目押し攻略法がオススメできないワケを紹介してきました。目押し攻略法がオススメ出来ない理由については理解していただけたと思います。

またソニックオプションでオススメの相場分析に役立つインジケーターなども紹介してきました。ボリンジャーバンドやMACDなど様々なインジケーターがありますが、自分が使いやすいと思ったものを使うのが最も確実な攻略法です。

ラボ管理人個人の考えとしては、ソニックオプションで取引をするならローソク足チャートの形を覚えるのがオススメだと感じました。

なぜならソニックオプションにはローソク足チャートがあり、スマホでも問題なく確認できるからです。そのためローソク足チャートの形を覚えておけばMT4を利用する必要がありません。

ローソク足チャートは相場分析をする人の中でも特に重要なものですので、まずローソク足チャートの形を覚えるのも良いでしょう。

この記事で紹介した業者

ソニックオプション

ソニックオプション
  • 新取引、レンジアウトでペイアウト率202%の取引実現!
  • 分かり易いボーナスシステムを採用しているため、出金関係のトラブル皆無!
  • 入出金を素早く行う事が出来るため、出金関係の懸念が少ない!
【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

最新記事

この業者の関連記事

この業者の取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日