海外でバイナリーオプション取引ができる業者を中心に、取引商品、システム内容を徹底比較|バイナリーオプション比較ラボ

まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

8月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

Yバイナリーを攻略する方法を投資スタイル別に解説

海外のバイナリーオプション業者Yバイナリー(Y BINARY)では最大ペイアウト率が500%のため、勝ち方を知って取引することでハイリターンを狙えます。

絶対に勝てる方法はありませんが、勝ちやすい方法を知って取引するかしないかでは勝率が変わってくるはず。「攻略法」というと難しく感じてしまいますが、ここで紹介するものは投資が初めての方でも挑戦しやすいものばかりなので実践しやすいでしょう。

まずは下記のチェックポイントをご覧ください。

忙しくて情報収集できない人向けのバイナリー攻略法

ラボ管理人の取引記事を読んでいただければ分かるのですが、だいたい取引をするまえに色々な通貨ペアの値動きを見て“これから先の動きが予想しやすいもの”を選びトレードしています。

こうすることでより簡単に分析と予想ができ、自然と勝率も上がってくるというわけです。

Yバイナリーの勝ち方

たとえば上記はMT4(メタトレーダー)と言われる分析ツールで6つの通貨ペアを一画面表示している状態。最初はどれも同じように見えるかもしれませんが、実はこのなかで右下の2つの値動きに特徴があり予想しやすくなっています。

Yバイナリーの勝ち方

GBP/JPY(画面上)とGBP/USD(画面下)のチャートのみを表示させてみました。すると上の銘柄は上限にタッチすると下落し下限にタッチすると上昇するというように反発しながら動く傾向にあることがハッキリとわかります。後述しますがこれは“レンジ相場”といいラボ管理人が最も得意とする相場。たいてい上限下限にタッチしたとき逆のポジションをとる“逆張り”で攻略することが多いです。

※ラインの引き方がわからないという人向けに簡単にできるチャートに上限下限を引く方法を解説しています。覚えておくと分析する際に役立つこともあるのでチェックしておいてください。

一方、画面下のチャートは緩やかに上昇し続けていたものの“あるポイント”を境に下降するようになっていますね。上昇し続けているときのことを“上昇トレンド”といい、この間は流れに乗ってポジションをとる“順張り”が有効とされています。

しかし今は下落中。上昇しながら一目均衡表の“雲”を抜けるかと思われたものの、あと少しというところで抜けることができず、このまま暫くは下落が続きそうな感じですね。ちなみに“雲”というのは縦の点線で表されている帯状の部分のこと。雲が厚ければ厚いほどその下(上)を動くローソク足は突き抜けにくくなると言われており、値動きが反転するポイントを探るさいの参考にすることができます。

Yバイナリーの勝ち方

それではレンジ相場となっていた画面上の銘柄がその後どうなったのかチェックしてみましょう。

黄色いラインは消してしまいましたが、やはり上限にタッチしたのち反発。相場の下落を示す“陰線”が出ています。つまり次は下限にタッチしたときにHIGHのポジションを注文する、というような戦略が立てやすく初心者にも分かりやすい相場といえます。

必ずしも複数の銘柄で取引する必要はない

複数の銘柄を比較することで予想しやすいものが分かるとはいっても、「普段から米ドル/円に関係しそうなニュースを集中して見ているからこの銘柄が一番予想しやすい」というひとは無理に変更する必要はありません。

どうしても分析などにまとまった時間が取れないという人は先ほど説明したような方法を参考にしながらトレードしてみるとよいでしょう。これは他のバイナリーオプション業者でも有効な攻略法だと思いますが、とくに銘柄が非常に豊富なY BINARYにおいてはかなり効果的だといえます。

ハイリターン派にオススメ!大きく動いて予想しやすい時を狙う

「経済指標」というものが発表されるときは為替レートが短時間で一気に動く可能性があります。

たとえば世界の基軸通貨である「米ドル」に関するものといえば「米雇用統計」があげられるでしょう。しかもアメリカは誰もが認める大国のため米ドルの流通量は計り知れません。過去の経済の動き、そして今後の景気動向などが発表されるときに為替レートが大きく動いたとしてもなんの不思議もありませんよね。

※米雇用統計とは、米国の雇用情勢を調べた景気に関連する指標のこと。雇用情勢の推移はこれからの景気動向にも大きな影響を及ぼすため、世界中のトレーダーや機関が発表内容に注目しています。失業率、非農業部門就業者数といった10数項目の統計が発表され、発表の内容次第で為替レートが大きく動くことも珍しくありません。

毎月発表される指標ですが、次回の米雇用統計が発表されるのは2015年8月7日の21時30分。事前に各ニュースサイトなどでは予想が出されることもあるので、投資経験の浅いひとでも情報を集めて取引することでハイリターンを狙うことも可能です。

また経済指標と一言でいっても何十種類もの指標があり、それぞれに重要度が違います。より短時間で効率的に取引したいと考えているならばとくに注目されている指標だけに注意し、事前に少しでも情報を集めておくことをオススメします。そして発表後、為替レートに大きな変化がでたときに注文を出すなど計画的に投資していきましょう。

Yバイナリーの勝ち方

重要度や発表スケジュールはYバイナリーの公式サイトでもチェック可能なので活用してみてください。必ず当たるという保証はないにせよ、予想値などもチェックできるので分析の参考にすることも可能。重要度も分かるなど使いやすい仕様になっている点もポイントです。

>>Yバイナリーの経済指標カレンダーを確認する

Yバイナリー(Y BINARY)の初期費用はいくらからが良いか?

これから初めて投資をしようと考えているひとが最初から大金を用意することは難しいと思いますし、なにより経験の浅いうちから大きな金額を動かすのは少々危険です。

もともとバイナリーオプションはもし予想と逆に為替レートが動いたとしても投資した金額以上の損失はでない安心仕様となっていますが、そのかわり予想が外れれば投資金額がそのまま損失となってしまうことを忘れてはいけません。

分析になれないうちは勝率が低くなってしまうかもしれないので、初期費用は“失っても生活に影響のでない範囲”で決めましょう。Yバイナリーは最低1万円からでも挑戦できるため、業界内でも比較的ハードルの低い業者。まずは1万円を入金して取引するのも良いですし、1回の最低投資金額が千円からのため、すこし余裕を持って入金しておくのもよいでしょう。

このように自分の生活に無理なく投資を取り入れることができるところもバイナリーオプションの魅力といえます。今回紹介したような攻略ポイントを実践しつつ、少しずつ経験を積みながら投資の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

公開日:2015/08/04 最終更新日:2017/01/25

この記事で紹介した業者

Yバイナリー

Yバイナリー
  • 驚愕のペイアウト率400%取引、マックストレードを実装!
  • 豊富な取引商品と取り揃えているため、初心者から上級者まで充実取引!
  • 初心者のためのコンテンツ、学習センターやガイドが充実!
この記事を書いた人

比較ラボ管理人[山本裕太

はじめまして山本と申します。
私は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、日々取引を行っています。 このサイトでは、バイナリーオプションやFXについて、私が学んだ知識や経験を踏まえた上で、徹底的に比較検証していきたいと思っています。
よりよい取引ライフを共に目指していきましょう。1人でも多くの方が利益を得られますように。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

Twitter

比較ランキング

総合TOP3

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
日本人の多くが利用する豪金融庁の認可を受けた安心して使える業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額5,000円
最低投資額1,000円
出金日数最短当日
トレード200
トレード200
出金報告多数あり!安心感のある高ペイアウト率業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額10,000円
最低投資額200円
出金日数最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
ペイアウト202%の取引、レンジアウト実装でユーザー注目度急上昇の業者!
ペイアウト率最大2.02倍
初回入金額10,000円
最低投資額500円
出金日数最短5営業日
海外業者を一括比較
人気のあの取引が驚異のペイアウト率!the option