まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

3月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

目標レートの本数が多い国内バイナリー業者を使うメリットは?

目標レートは業者によって本数が違う

日本のバイナリーオプション業者では複数の目標レートが設定されていますが、その本数は業者やオプションタイプによって様々。10本ほどが設定されているような多い業者があれば、6本程度と少な目のところもあります。

取引画面の見やすさや一枚の最低購入金額などであれば分かりやすいのですが、目標レートの本数が多い少ないといわれても取引にどんな影響があるのかピンと来ないかもしれませんね。

そこで今回は目標レートが多いメリットと少ないメリットについて書いていきたいと思います。

目標レートの本数が多いメリット

目標レートの本数が多いメリット

目標レートの本数が多いことのメリットは何と言っても確率の高いチケットを購入できる可能性が高いこと。

例えば上のように目標レートが少なめな業者で取引していると、1,000円のチケットは購入できないので選択肢が狭まっています。

転売を繰り返して小額の利益を狙う攻略法をとろうにも、それなりに大きな値動きがなければ売却益が出ないので難しいかもしれません。下の画像を見てください。

目標レートの本数が多いメリット

これはバイトレ1000(現バイトレ)の取引画面です。先程の画像と比べてみると目標レートの本数が全然違いますね。

常にこの本数が設定されるというワケではありませんが時には990円のチケットが出ることもあるので、より確率の高い取引をしたい時などはバイトレを使うというように複数の口座を使い分けてみるのも良いでしょう。

目標レートの本数が少ないメリット

目標レートの本数が少ないことのメリットはシンプルで迷いにくいことです。確かに目標レートの本数が多いと選択肢は増えますが、取引画面が少し見づらくなるので嫌う方もおられるかもしれませんね。

選択肢を狭めておけば、あとは購入するタイミングを計るのに集中しましょう。スマホなどで取引するときも小さな画面でも取引しやすいと思います。

チェック!
チケット金額が高いものは確率の高いものです。目標レートの本数が多ければ高いチケットを買える可能性もUPするでしょう。ただトレーダーそれぞれで好みがあるので、デモ取引などを試してみて使い勝手を比べてみてください。複数の業者を使い分けるのも有効ですね。

海外業者なら「上がる」か「下がる」だけを予想すれば良い!

海外業者なら「上がる」か「下がる」だけを予想すれば良い!

海外業者は「上がる」か「下がる」かの二択ですので、予想したレートから少しでも上がっているか下がっていれば勝つことができます。

そのため「●円まで上がるかも」と予測しなくて良いのです。初めて取引をするという方は国内業者も見つつ、海外業者のデモ取引も試してみるのも良いでしょう。

海外業者でデモ取引のできる業者をまとめているページもあるので、海外業者にも興味があるという方はぜひ参考にしてください。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

最新記事

関連記事

取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日