まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

4月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

初心者も使えるバイナリーオプション攻略・必勝法を比較検証!

初心者も使えるバイナリーオプション攻略・必勝法を比較検証!

ネットや攻略本などではバイナリーオプションの攻略法、必勝法といったものをたくさん見かけます。色々と見ているとある程度まともなものもあれば、情報弱者である初心者対象の根拠の薄い使えないものも多くあるのです。

ここでは巷で見かけるバイナリーオプション攻略法をいくつかに分類して徹底比較してみようと思います。

チャートは平均足かローソク足どちらで見た方が良い?

チャートの表示方法はローソク足が一般的ですが、それ以外にも様々な表示方法があるのです。

その中でもバイナリーオプションの攻略法としてよく見かけるものに平均足があります。ここでは平均足とローソク足の比較をしてみましょう。

平均足とは?

平均足は足の高値、安値に関してはローソク足と同じですが、始値、終値(足の実体部分)が違います。具体的な計算方法は以下の通りです。

・始値=(前足の平均足の始値+前足の平均足の終値)/2
・終値=(現在足始値+現在足高値+現在足安値+現在足安値)/4

こうして作られた平均足チャートが次のようなものです。以下の画像はユーロ/ドル5分足チャートです。

平均足とは?

また同じ時間帯のローソク足チャートを見てみましょう。

平均足とは?

見方として一番の違いはヒゲに対する考え方です。ローソク足では大きな上ヒゲは相場の転換点となることが多いのですが、平均足ではトレンドが継続している時に片側(トレンド方向)に出やすくなっています。

また平均足でのトレンド転換のサインはコマ足(上下にヒゲが出ている足)が出現することです。

平均足のメリット・デメリット

平均足はチャートを見てわかりますように、トレンド継続中に陽線(もしくは陰線)が続けて出ます。したがって、トレンドが非常にわかりやすいのがメリットです。

一方で足が描かれるポイントは現値とは違う値になりますので、逆張りや戻りを狙う場合はエントリーポイントを掴みずらくなります。

・メリット…トレンドがわかりやすい
・デメリット…逆張りや戻りはポイントが掴みづらい

ローソク足のメリット・デメリット

ローソク足では現値とローソク足の動きが一致していますので、細かなタイミングを狙うのには平均足よりもわかりやすくなります。

そのメリットがある反面、トレンドの把握にはローソク足だけではなく、移動平均線などほかのインジケーターを併用する必要があるというのがデメリットです。

・メリット…レートの現値と動きが一致しているため細かなタイミングを狙いやすい
・デメリット…トレンドの把握には移動平均線などを併用する必要がある

どのように使い分けるべき?

以上のように平均足とローソク足のそれぞれにメリット、デメリットがありますので、状況や時間軸によって使い分けるべきでしょう。

基本的にトレンドフォローで行く場合、特にグランビルの法則などで戻りを狙うトレンドフォローではなく、勢いに乗る順張りをする場合にはトレンドがわかりやすい平均足が適しているといえます。

そしてそのようなエントリーをするケースが多いのは30秒取引や1分取引といった短期取引でしょう。おすすめとしては5分足の平均足チャートで方向性を見ながら、ヒゲが出ている方向に順張りをするのがいいと思います。

一方戻りを狙ったり、逆張りをする場合にはローソク足チャートで見るべきです。

例えば移動平均線へのタッチや、ボリンジャーバンドのσ線へのワンタッチを狙う場合、現値がわかりやすいローソク足でないとタイミングが計れないでしょう。ローソク足の他の攻略法については以下のページをご覧ください。

バイナリーオプション30秒取引の攻略・必勝法を比較結果

目押し攻略法

30秒取引の攻略法をネットで検索しますと、よく出てくるのが「ノイズを狙った逆張り」というものです。

解説を読みますと30秒取引で分析は不要で、瞬間的に大きく動いた所(ノイズ)を狙って逆張りするだけで勝率アップ、というものです。

このやり方は有効ではあるとは思います。ただし使い方を誤らなければ。少なくとも「分析は不要」というのは間違いでしょう。

必勝パターンとしてはトレンドが発生している時の一時的な戻しを狙う場合です。値動きが活発なところではトレンドが発生していても頻繁に利益確定の売買が出ますので、瞬間的な戻しが入ることが増えます。

そこを狙うのは勝率アップにつながるでしょう。これは後から見るといわゆるグランビルの法則にしたがったチャートになっていることが多いです。

30秒取引ではゆっくりチャートを見ながらエントリータイミングを狙っては間に合わないことが多いので、ノイズが出たら反射的にエントリー、という作戦で行くべきでしょう。

ただ注意点としてはトレンドを把握すること、値動きの幅があるところでエントリーすること、トレンドがはっきりしない場面ではエントリーを回避することです。

どんな場面でも通用すると思って、大きく値動きしたところでエントリーすると、新たなトレンドの発生の場面に当たって逆方向に持っていかれることが増えます。

また値動きのない場面では取引画面上の縮尺が小さくなっているので、画面上大きく動いたように見えても実際には大して値幅がない場合もあり、そのようなケースではドローや負けが頻繁に起きてしまいますので注意しましょう。

バイナリーオプション1分(60秒)取引の攻略・必勝法を比較結果

1分取引の攻略法は検索するとたくさん出てきます。MT4で1分足チャートを表示できますので、30秒取引よりも攻略法を構築しやすいからでしょう。

ただ1分足チャートでの分析に関して注意しなければならないのはダマシが出やすいことです。移動平均線やボリンジャーバンド、オシレーターなどで売買ポイントが来ていても次の足で逆に動けば、チャートの形状は変わります。

いわゆるリペイントが起きるのです。出回っている攻略法を見ますと終わったチャートを見て「ここでエントリーすれば勝率9割」といったような書き方をしているものを見かけますがたいていは後付けです。

このタイプで多いのはオシレーターを使ったもので「ストキャスティクスの%Dと%Kのクロスがエントリーポイント」とか「RSI70越えからの反転狙い」などがあります。ただ、リアルタイムではクロスも反転も起きていないことがほとんどです。

1分足で勝つためには環境認識のために上位の足、一般的には5分足を見てトレンドを把握したうえで、1分足チャートでエントリーポイントを捉える投資法が有効でしょう。

また基本的には短期取引ですので、オシレーターやボリンジャーバンドを使った逆張りよりも、移動平均線などを利用した順張りのほうが効果的と言えます。具体例を示しますと、次にあげるチャートはユーロ/ドルの5分足のチャートです。

バイナリーオプション1分(60秒)取引の攻略・必勝法を比較結果<

それまで下落していたところから反転して、前回高値を超えて一度押し目を付け、再上昇して120本の移動平均線を超えたところで足が確定したのが矢印のポイント。

これはグランビルの法則で見て(FXなら)買いのポイントです。そこで1分足に切り替えてHighエントリーのポイントを待ちます。次は同じ時間帯の1分足のチャートを見てみましょう。

バイナリーオプション1分(60秒)取引の攻略・必勝法を比較結果<

左の矢印の足の手前で陰線を付けています。12本の移動平均線にタッチしたところですので(矢印の足の始まりで)エントリーしますと見事に陽線となっているのです。またその後上昇していますが間に陰線を挟んでいます。

短期取引ではトレンドが出来ると次々エントリーしたくなりますが、それでは利益は安定しませんので我慢をし、茶色のライン(前回高値)を超えて足が確定してからエントリーしましょう。これも見事に勝利となります。

以上のように上位の足でトレンドを掴み、さらに1分足チャートでみて、単に移動平均線だけでエントリーするのではなく、グランビルの法則やダウ理論なども組み合わせていくのが必勝パターンです。

5分足チャートを使った攻略・必勝手法を比較結果

5分足のチャートを使ってエントリーする場合のポイントとして、ターボ取引の5分を選ぶのか「high low」取引の15分取引を選ぶのかがあります。

30秒や1分の取引と違い、5分となると単にトレンドの勢いに乗るという視点だけでエントリーすると失敗が増えるでしょう。基本的には最終的なローソク足の形状を予測してのエントリーを考えるべきです。

そう考えますとターボ取引よりも「high low」で、残り時間5分を切った時間帯のものでエントリーポイントを待つスタイルのほうが、ペイアウト率を考えても有効と言えます。攻略法の例を挙げましょう。

5分足チャートを使った攻略・必勝手法を比較結果

上のチャートは前掲したユーロ/ドル5分足チャートの少し前の時間帯のものです。黄色の線で表したようにストキャスティクスのダイバージェンス(逆行)が起きているところで、ボリンジャーバンドの2σを割り込んでいます。これは逆張りエントリーのチャンスと言えるでしょう。

ただ左側の緑の矢印の足では足の終値が2σ線より下にありますので、このような場合はバンドウォークになることもあるので、まだエントリーしないほうがいいです。

右の黒の矢印の足で下ヒゲで2σ線にワンタッチし、足の終値が2σ線の上になったので、次の足は陽線になるとみて終値より安くエントリーできるポイントを待ってエントリー、というのが手堅いやり方でしょう。

バイナリーオプション順張り取引の攻略・必勝法を比較結果

すでに述べましたように順張りは短期取引で特に有効です。また平均足を使った攻略法も使えるでしょう。

ただ平均足を使う場合も上位の時間足をみてトレンドを掴み、ローソク足を併用してエントリータイミングを探ることで勝率が上がると思います。

バイナリーオプション逆張り取引の攻略・必勝法を比較結果

短期取引での逆張りエントリーは危険です。よく見かける必勝法としてマーチンゲール方式で投資金額を積み上げる方法を見かけますが、これを短期取引でやりますとトレンドが発生した場合、あっという間に大きな損失になります。

逆張りは5分足などの比較的長い時間軸で見て、さらに複数のインジケーターを使い、勝率の高いポイントは1時間に1回あるかどうかと考えて狙いすましたポイントでするべきです。

経済指標発表時のおすすめ攻略・必勝手法を比較結果

経済指標の発表時には為替相場が大きく変動することがよくあります。特に毎月第1金曜日に発表される「米雇用統計」は大きく相場が動くことで知られています。

経済指標発表を使った攻略法というのもネットではよく見かけます。基本的には動いた方向に順張り、というものが多いのですが、やるのであれば逆張りより順張りのほうがいいというのには同意できます。

ただ注意点がいくつかありますので、注意点をしっかりと確認して取引を行うようにしてください。

発表直後は値が飛びやすい

大きな指標発表やサプライズのある数値が発表されたときは、瞬間的に大きな変動をすることが多くあります。FXでは売値買値のスプレッドが大幅に開くような形です。

このようなタイミングでエントリーしようとすると、いわゆるスリッピング(値ずれ)が頻繁に起き、意図しない値段でエントリーしてしまうことがありますので、発表直後のエントリーは控えるべきです。

深追いしない

数値の発表でトレンドが出来てそれに乗ったとしても、エントリーはせいぜい1,2回にするべきです。というのも発表後、要人のコメントが出て数値に対する解釈が変わり、相場が逆転することも多くあるからです。

経済指標発表時は不確定要素が強く、テクニカルを無視した動きをすることが多いので、ワンチャンスを取ったらあとは静観するほうが賢明です。

▼バイナリーオプションの経済指標カレンダーの比較について
バイナリーオプション国内業者の経済指標カレンダーを比較する

バイナリーオプション必勝パターンは相場によって違う

ここまで記述してきましたように、どんな時間軸でも、どんな場面でもでも通用する必勝パターンというものは存在しません。

大事なのは相場の環境認識をしたうえでどの時間軸を選ぶべきか、順張りと逆張りどちらが有効なのかを判断していくことです。

さらに言えばご自身の得意な手法を定めて、相場がそれに合致するときにだけエントリーする、というのが必勝法と言えるでしょう。

どんな場面でも勝とうとするのではなく、自分の手法の精度を高めていくことのほうが、最終的に勝率を高めて利益を増やすことにつながるのは間違いありません。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

最新記事

関連記事

取引結果の記事

利益の出ているバイナリーオプションサイト

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
とにかく出金が早い!
出金申請後、最短翌日着金!
収益額: +2,152,557円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短当日
トレード200
トレード200
ペイアウト率200%固定の取引!
出金日数は驚愕の最短2日!
収益額: +1,599,300円
ペイアウト率出金日数
最大2.00倍最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
最大202%の高配当BO業者!
出金実績もあるイチオシ!
収益額: +116,500円
ペイアウト率出金日数
最大2.02倍最短5営業日