海外でバイナリーオプション取引ができる業者を中心に、取引商品、システム内容を徹底比較|バイナリーオプション比較ラボ

まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

今月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

米利上げ間近、利上げに伴うバイナリーオプションの動向は?

全世界が注目する米国利上げ、秒読み段階

イエレン議長

FRB(米国連邦準備制度理事会)が12月15~16日にかけて開催するFOMC。もはや利上げは確実と言われており、9月のFOMCで示された年間の利上げ幅予想の中央値は1%ポイントで、3ヶ月毎に0.25%ポイントずつ上がるのではないかと予想されている。これまで2015年6月、9月と先送りされてきた利上げというだけに世間の注目度も非常に高いものになっていると言えるでしょう。

ただ、ここへ来て利上げがまた先送りされるのではないかという懸念材料もあり、それがインフレ率の低さと原油価格が大きく落下しているということ。加えて、ドル高に伴う景気減速、輸入物価下落によるインフレ率下などが挙げられる。

しかし、ここまで先送りされてきた利上げが行われるとなると市場への影響も計り知れないものがあり、為替取引を行っている投資家としてはこのタイミングを逃すわけにはいかないため、バイナリーオプショントレーダーは注意して動向を見守る必要があります。

バイナリートレーダーは米国利上げに対する復習をしておこう!

米国政策金利の推移

2008年のゼロ金利導入後、これまで上がる事のなかった米国の金利が上がった場合どうなるのかもう一度復習をしておきましょう。

ドル高?それともドル安?

米国の利上げが行われた場合、基本的にはドル高となります。なぜなら、米国の低金利により新興市場に向かっていた大きな資金が米国利上げに伴い回帰するため。

資金には投機資金と投資資金とありますが、その大半を占める投資資金は安定運用を好む資金という特徴もっているため、同じリスクなら高金利の方へ、同じ金利なら低リスクの方へシフトする性質があります。つまり、米国の利上げが行われた場合、「同じリスクなら高金利の法へ」ということで資金が回帰し、“ドル買・先進国の通貨売り”という形が形成されるのです。

円高になる可能性について

米国で利上げが行われた場合「ドル高になって先進国の通貨が売られる」と説明しましたが、ドル高=円安というわけでもありません。投資家の中にはドル高になる=円安になると理解している人も少なくありませんが、通貨はなにもドルと円だけではなく、ユーロやポンドも存在するため、厳密にはドル≠円と理解しておく必要があります。

ただし、必ずしもドル高と円安が結びつかないという話だけで、その傾向は非常い事に変わりはありません。

ドル円の動きとこれからの動向について

ドル円の推移

上記は12月7日から15日8時現在までのドル円の動向で、1ドル=123円から121円まで、約2円の円高傾向となっています。今は原油安によって再び経常黒字が拡大する見込み強いためこのような相場となっていますが、金利上昇が発表されれば円安へと流れが変わるかもしれません。

しかし、一方では年末までこのまま円高が続くという見方も出てきており、2016年は円高が続いて1ドル=100円~105円という見方もあります。ドルが売られる要素として利上げには消費活動にブレーキを掛ける役割があるため景気減速の懸念がされていることと、ドル買いが進んだことによる反動の確定売りがあるのではないかという点があるでしょう。

ただ、間違いなく言えるのは利上げのタイミングに合わせて為替が動くということ。このタイミングを一つの取引タイミングとし、バイナリーオプション取引で利益を獲得したいところですが、どのように予想が妥当なのかを考えてみたいと思います。

過去3回の米利上げ局面では円高に振れている

ここまで米国の利上げ=ドル高、つまり円安なる傾向が強いという解説をしてきたため「えっ?」と思う方もいるかもしれません。金利が高くなれば、その通貨は買われると考えるのが一般的ですし、その考え方は間違っていませんが、実際にはそのようにはならないのが市場でもあります。

しかし、直近3回の米利上げ局面でのドル円相場は円高に進んでいるのが現実です。これは、今年に入ってからイエレン議長が何度も発言してきた”利上げ”を織り込んで、かなり早い段階でドルが上昇していたといのが理由として挙げられます。

もっと簡単に言えば、早い段階でドルが上昇しきっていると考えれば、利上げ発表後もドルが下がると言った通常では考えられない減少が起こり得るわけです。米利上げ=ドル高円安と頭から決めつけるのではなく、しっかり動向を確認をしてから取引を行ったほうが低リスクの取引で利益を得ることが出来るかもしれません。

公開日:2015/12/15 最終更新日:2019/03/20
この記事を書いた人

比較ラボ管理人[山本裕太

はじめまして山本と申します。
私は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、日々取引を行っています。 このサイトでは、バイナリーオプションやFXについて、私が学んだ知識や経験を踏まえた上で、徹底的に比較検証していきたいと思っています。
よりよい取引ライフを共に目指していきましょう。1人でも多くの方が利益を得られますように。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

Twitter

比較ランキング

総合TOP3

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
日本人の多くが利用する豪金融庁の認可を受けた安心して使える業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額5,000円
最低投資額1,000円
出金日数最短当日
トレード200
トレード200
出金報告多数あり!安心感のある高ペイアウト率業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額10,000円
最低投資額200円
出金日数最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
ペイアウト202%の取引、レンジアウト実装でユーザー注目度急上昇の業者!
ペイアウト率最大2.02倍
初回入金額10,000円
最低投資額500円
出金日数最短5営業日
海外業者を一括比較
人気のあの取引が驚異のペイアウト率!the option