海外でバイナリーオプション取引ができる業者を中心に、取引商品、システム内容を徹底比較|バイナリーオプション比較ラボ

まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

今月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

バイナリーオプションによる通常と限定の凍結の違いとは

バイナリーオプションによる通常と限定の凍結の違いとは

バイナリーオプションは上手くいけば大きく稼ぐことができる投資方法です。

例えばペイアウト率の高いハイローオーストラリアなら、2倍近くの数値が出るので1回の取引で資金が倍近くになることがあります。

これは他の投資では中々見られない現象です。そんなバイナリーオプションですが、口座凍結をされる危険があります。

そこで、凍結の種類や原因について解説していきますので、参考にご覧ください。

凍結してしまう原因

凍結してしまう原因

バイナリーオプションをする上で凍結はかなり警戒すべきです。

凍結されてしまうと、最悪の場合お金を出金できなくなることもあるので原因を知っておき、避けるようにしてください。

では、凍結してしまう原因についていくつかありますので、説明していきます。

稼ぎすぎ

バイナリーオプションで稼ぎすぎると凍結させられる恐れがあります。

現状ではどの程度稼いだら凍結されるのかについては明らかになっていません。

しかし、短期的な取引の場合200万円程度稼いだら凍結の対象となり、累計では1000万円稼ぐとかなり高い確率で凍結されると言われています。

特に不正も行なっていない、勝てるトレーダーにペナルティを与えるような行為はかなり批判の対象になっていますが、現在では稼ぎすぎないようにする他ありません。

複数口座を持っていた

バイナリーオプションの中には、複数の口座を持つことを禁止している口座がいくつかあります。(持って良い口座もある)

複数口座があれば手法ごとに分けるなど、便利ではあるのですがマネーロンダリングが危険視されているので、許している口座は少ないです。

安全性の高い有名口座では、ザオプションが複数口座の所持を認めているので口座開設しておくと良いかもしれません。

他人名義の口座を使って取引をした

他人名義の口座を使っての取引は、もし明るみになってしまうと口座凍結はもちろん、脱税の疑いまでかけられる恐れがあります。

もし、他人名義のバイナリーオプション口座で利益を出した場合、本来は自分が納めるはずだった税金を別の者が納めることになるので、規約違反では済まないかもしれません。

家族など身内では、つい口座名義人ではない方が取引してしまうこともあるかもしれませんが辞めましょう。

連続取引や不正取引をした

連続取引や不正取引も凍結の対象です。連続取引は文字通り短期間に連続でトレードを行うことであり、サーバーに負担をかけることから規制されています。

特に自動売買システムは何度も取引を行いますし、自動売買システム自体が禁止されているので注意しましょう。

また、不正取引もしないようにして下さい。不正取引の代表がアービトラージです。

これは、サーバーの調子が悪いタイミングにつけ込んで100%勝てる取引を行うものと言えます。

例えば、バイナリーオプション口座のレートが1分遅れている場合は、他の遅れていない口座のものを見れば、1分先の未来が見えるので絶対に勝ててしまうことから禁止されているのです。

何度も出金をした

短期間の内に、何度も出金しても手数料は無料であることが多いですが、バイナリーオプションがそれを負担していることが多いので、頻繁に出金すると凍結されやすいです。

普通に使っていれば、週に何度も出金することはないと思いますが、一応覚えておきましょう。

通常凍結と限定凍結の違い

通常凍結と限定凍結の違いとは

実はバイナリーオプションの口座凍結には2つの種類があります。具体的にどのような凍結があるのかについて見ていきましょう。

通常凍結

通常凍結は、比較的重い規約違反などを行った場合に適用されることが多いです。

他人名義の口座を利用したり、アービトラージを行ったりなどを行うと通常凍結されやすいと言われています。

例外的に稼ぎすぎた場合も通常凍結の対象となるようです。この時は取引ができないので、もう利益を得ることができず、出金も拒否されることもあります。

通常凍結の中でも軽度な規約違反だった場合は、入金した額に関しては出金できるのですが、利益の出金ができないこともあるので、これまでの努力が無駄になるということも珍しくありません。

限定凍結

限定凍結されると1回の取引で5000円までしか賭けられなくなります。

ペナルティはたったのこれだけなので、このままでも一応利用し続けることはできるのですが、利益を増やしにくくなってしまうのがかなり痛いでしょう。

凍結を解除する方法

凍結を解除する方法

口座凍結をされてしまったら即座に対応しなければなりません。そこで、どのように行動すれば良いのかについて見ていきましょう。

サポートへ連絡

凍結された場合、まず最初にやらなければならないのはサポートへ連絡することです。

軽度な規約違反などの場合は、凍結が解除されるので必ず行いましょう。すぐにでも取引したい時もあると思うので、できれば電話するのが望ましいです。

もちろん事情を説明したところで解除されない可能性はありますし、何故凍結されたのかを聞いても答えてくれないこともありますが、何もしないのが1番良くありません。

このような場合には、今口座に存在しているお金をすぐに出金して下さい。取引ができない上に凍結が解除されないとなれば、お金を入金している意味が無いでしょう。

凍結されないために気をつけること

凍結されないために気をつけること

口座凍結はバイナリーオプションをする上でかなり厄介なので、凍結されないように気をつけることが大切です。

このため、どのように取引をすれば凍結の対象となりにくいかについて理解しておくことが必要となります。

規約に触れるようなことをせずに取引する

規約違反をしないようにすれば、口座凍結の危険は大きく減少します。普通に使っているだけであれば凍結されることは稀なので、是非ルールを守って取引しましょう。

特に別名義での取引などは絶対にしてはいけません。

稼ぎすぎないようにする

稼ぎすぎてしまうと口座凍結されてしまうので、あまり多く稼がないことが求められます。

バイナリーオプションはお金を稼ぐためのものなのに、稼ぐと凍結させられてしまうのはかなり理不尽ではありますが、現状ではどうしようもありません。

1度に数万円を賭けるような取引は我慢して、数千円単位のトレードで済ませると、凍結されない範囲で利益を出せるかもしれません。

まとめると

今回はバイナリーオプションの口座凍結について解説しました。凍結の条件はいくつかあるので、それを満たさないように取引しましょう。

凍結には取引ができなくなる通常凍結と、5000円までの取引ならできる限定凍結の2つがあります。

もし凍結されてしまった場合はサポートに連絡し、解除されない場合はお金を全て出金して下さい。

公開日:2020/02/12
この記事を書いた人

比較ラボ管理人[山本裕太

はじめまして山本と申します。
私は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、日々取引を行っています。 このサイトでは、バイナリーオプションやFXについて、私が学んだ知識や経験を踏まえた上で、徹底的に比較検証していきたいと思っています。
よりよい取引ライフを共に目指していきましょう。1人でも多くの方が利益を得られますように。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

Twitter

比較ランキング

総合TOP3

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
日本人の多くが利用する豪金融庁の認可を受けた安心して使える業者!
ペイアウト率最大2.20倍
初回入金額5,000円
最低投資額1,000円
出金日数最短当日
トレード200
トレード200
出金報告多数あり!安心感のある高ペイアウト率業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額10,000円
最低投資額200円
出金日数最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
ペイアウト202%の取引、レンジアウト実装でユーザー注目度急上昇の業者!
ペイアウト率最大2.02倍
初回入金額10,000円
最低投資額500円
出金日数最短5営業日
海外業者を一括比較
人気のあの取引が驚異のペイアウト率!the option