海外でバイナリーオプション取引ができる業者を中心に、取引商品、システム内容を徹底比較|バイナリーオプション比較ラボ

まだ間に合う!今月の稼ぎやすい為替相場情報はコチラ!

今月も為替の動きは激しくなると予想されており、バイナリーを始める絶好の機会です!

バイナリーオプションの「情報商材」について

貴サイトのお勧めの「ハイローオーストラリア」にてバイナリーオプションをやってみたいのですが、友人が「初心者には「MT4」は難しいだろうから「インフォトップ等で発売中の「確率の高い情報商材」を利用するのが良いだろう」と言っていました。

沢山あるそうですが、「お勧めの、確率の高い情報商材」があれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Q&A

回答

バイナリーオプションの情報商材はどれが使えるのか

最終的に行き着く所は自己分析にある

個人的な意見ですが、情報商材を使うくらいならMT4を使ったほうがいいと思います。その理由は簡単で、100%勝てる情報商材というものがこの世には存在しないためです。つまり、遅かれ早かれ行き着く所が”MT4を活用した自己分析”であるのならば、最初は難しいと感じる事はあってもこれに慣れる他ありません。

ただ勘違いしてもらいたくないのが「情報商材=使えない」と否定しているわけではないということです。実際に友人の方が利用されているもの(業者側の規約に反していない範囲内)で、良い物であれば使ってみるのも一つの戦術としての価値はあるでしょう。

利用するツールや情報商材次第では口座凍結の恐れもある

自動売買のプログラムが組まれたものなどがいい例ですが、ものによってはブローカー(業者)側が規制しているものも存在します。仮にこれらが感知された場合は利用している口座の凍結などもあり得るため、このようツール、もしくは情報商材を利用するのはオススメできません。

当然、当サイト内で「情報商材いいですよ!使えます!」と言ってしまった結果、口座を凍結された場合に責任を取れないというのも勿論ありますが、海外業者の場合は国内と違って資金管理の意識をさらに高く持つ必要があるため、少しでもリスクがあるものに対してはオススメしたくないというのが本音です。

一方で、MT4のような外部的なものであれば問題ないかもしれません。しかし、そこにお金をかけるくらいなら投資に関する本の一冊でも購入して為替の勉強をしたほうが最終的には自分の知識として価値のあるものなるのではないかと思っています。

最後に

「どの情報商材がオススメか」という質問に対して的外れな回答になってしまい申し訳ありません。使わない事をオススメされると思ってもみなかったと思いますが、一投資家の意見として参考にして頂ければ幸いです。また、不明な点や疑問点などがあればお気軽にお問い合わせ下さいませ。

公開日:2015/11/25 最終更新日:2015/11/26
この記事を書いた人

比較ラボ管理人[山本裕太

はじめまして山本と申します。
私は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、日々取引を行っています。 このサイトでは、バイナリーオプションやFXについて、私が学んだ知識や経験を踏まえた上で、徹底的に比較検証していきたいと思っています。
よりよい取引ライフを共に目指していきましょう。1人でも多くの方が利益を得られますように。

【CTシグナル】当サイトから口座開設(無料)を行った方限定!

過去に頂いたお問い合わせ

‹ 戻る |1 2 3 4 5 6 7 | 次へ ›

Twitter

比較ランキング

総合TOP3

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
日本人の多くが利用する豪金融庁の認可を受けた安心して使える業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額5,000円
最低投資額1,000円
出金日数最短当日
トレード200
トレード200
出金報告多数あり!安心感のある高ペイアウト率業者!
ペイアウト率最大2.00倍
初回入金額10,000円
最低投資額200円
出金日数最短2日
ソニックオプション
ソニックオプション
ペイアウト202%の取引、レンジアウト実装でユーザー注目度急上昇の業者!
ペイアウト率最大2.02倍
初回入金額10,000円
最低投資額500円
出金日数最短5営業日
海外業者を一括比較
人気のあの取引が驚異のペイアウト率!the option